プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大学or社会人を経て…大阪桐蔭出身のドラフト候補7人|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は現代最強校・大阪桐蔭から松尾汐恩ら3人がプロ志望届を提出。その他にも大学、社会人で活躍を続け、プロ注目の存在となった選手もいる。ここでは、大阪桐蔭出身の大学生・社会人ドラフト候補7人を紹介する。

 

 

山田健太(立教大)


 
 山田は、大阪桐蔭高から立教大に入学した内野手。右投右打、身長183センチ、体重85キロ。(立教大野球部のHPより)
  
 大阪桐蔭高では1年秋からベンチ入りメンバーとなり、2年春の選抜制覇を経験。続く2年夏は甲子園優勝を逃したものの、3年時は史上初となる春夏連覇を達成した。山田は主に二塁手で出場し、勝負強い打撃でチームに貢献した。
  
 高校卒業後は立教大に進学し、1年春から一塁手としてレギュラーの座をつかんだ山田。その後は4番打者としてチームを牽引し、三塁手、二塁手としての出場も増えた。大学4年春時点で、通算打率.302、7本塁打、30打点と安定した成績をマーク。大学日本代表でも主将を任されるなどリーダーシップも発揮している。
 

  
 安定した打撃力、内野の複数ポジションをこなせることに加え、「タレント力」も大きな魅力だ。「最強世代」の名を欲しいままにした高校時代の同期は、すでに4名がプロ入り。大舞台の経験も豊富で、プロスカウトも注目する逸材だ。

1 2 3 4 5 6 7