プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



どちらも捨てがたい…“二刀流”の可能性秘める5人(5)アンダースローの“頭脳派”捕手

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。大谷翔平選手(現エンゼルス)の活躍でますます注目を集めるのが「投打二刀流」の存在だ。アマ球界には以前から数多くいたものの、プロ入り後はいずれか一本に絞るケースがほとんどだった。
 
 しかし、今季投手に転向した根尾昂選手(現中日)のように、選手としての選択の幅を広げることも可能であることから、投打両方を視野に入れた指名は、今年のドラフトの一つの焦点となりそうだ。今回は投打二刀流の可能性を秘めるドラフト候補5人を紹介する。

 

 

京都大・愛澤祐亮

 愛澤は、宇都宮高から京都大に進んだ捕手兼投手。右投左打。
 
 宇都宮高では背番号1もつけ、アンダースローの投手や内野手として活躍。京都大では下級生時代に外野手も経験し、3年時から正捕手となった。本職はキャッチャーだが、4年時には高校以来の投手にも挑戦。ブランクはあったが、貴重な戦力としてマウンドに上がっている。
 

 
 普段は正捕手、マウンドでは下手投げで打者を翻弄する二刀流だ。京都大では、水口創太投手もドラフト候補となっており、東京大でプロ注目の阿久津怜生は、高校時代の同級生だ。”頭脳派”であり実力者でもある彼らのプロ入りはなるだろうか。