プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



どちらも捨てがたい…“二刀流”の可能性秘めるドラフト候補5人|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。大谷翔平選手(現エンゼルス)の活躍でますます注目を集めるのが「投打二刀流」の存在だ。アマ球界には以前から数多くいたものの、プロ入り後はいずれか一本に絞るケースがほとんどだった。
 
 しかし、今季投手に転向した根尾昂選手(現中日)のように、選手としての選択の幅を広げることも可能であることから、投打両方を視野に入れた指名は、今年のドラフトの一つの焦点となりそうだ。今回は投打二刀流の可能性を秘めるドラフト候補5人を紹介する。

 

 

日体大・矢澤宏太


 矢澤は、藤嶺藤沢高から日本体育大学に入学した投手兼外野手。左投左打、身長172センチ、体重73キロ。(野球日本代表侍JAPANのHPより)
 
 藤嶺藤沢高では1年夏から外野手としてベンチ入りし、秋以降は投手としても活躍。2、3年時にも甲子園出場はないものの、投打で存在感を示した。
 
 日体大では、1年春から外野手としてリーグ戦に出場し、秋には1番打者に定着した。打者としては4度の規定到達、2度のベストナインを受賞し、4年春時点で5本塁打をマーク。3年時から主力となった投手としてもベストナインを獲得しており、通算22試合に登板で11勝、防御率1.66を記録している。
 

 
 173センチと大柄ではないものの、投手としては左腕から最速152キロの速球と2種類のスライダー、カーブやチェンジアップなど多彩な変化球を駆使。打者としても広角に長短打を打ち分けている。高校3年時にはプロ志望届を提出しながら指名はならず、大学でさらに素質を伸ばした矢澤。直近ではプロスカウトからの評価も上々で、すでに北海道日本ハムファイターズがドラフト1位指名を公表している。

1 2 3 4 5