プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ヤクルトドラフト2位】京都外大西高・西村瑠伊斗(にしむらるいと)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/17

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に行われ、今年もプロへの切符を手に入れた選手が数多く誕生した。今回は、ドラフト指名された選手たちについて、球団からのコメントや、経歴、プレースタイルなどを紹介する。今回は、京都外大西高校の西村瑠伊斗だ。

 

 
所属:京都外大西高
ポジション:外野手
投打:右投左打
生年月日:2004年7月1日(18歳)
身長/体重:179cm/78kg
 
 西村は、京都外大西高の外野手。
 
 京都外大西高では1年夏からベンチ入りすると、2年夏には右翼手と投手をつとめ、投打の中心としてチームを準優勝に導いた。同大会では7戦で打率.444(27打数12安打)、2本塁打と爆発。投手としても好投を続けた。さらに、集大成の3年夏には5試合で4本塁打を記録し、炭谷銀仁朗(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)が記録した大会最多本塁打記録に並んだ。

 

 
 高校通算54本塁打と長打力が魅力。投手としても最速147キロを誇る本格派だが、プロスカウトからは打者として注目を集めている。高校では、広角に長打を量産。ロマン溢れるスラッガー候補だ。
 
○球団コメント
「高校通算54本塁打を誇るスラッガー。強肩強打の外野手で、将来のレギュラー候補として期待が持てる選手」(球団公式HPより)