プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



最速記録は155キロ…夏の甲子園に現れた歴代“規格外の速球王”6人|全国高校野球選手権大会

2022/08/20

text By

photo

産経新聞社



高校野球 甲子園最新情報

第104回全国高等学校野球選手権大会もいよいよ大詰め。今夏も“甲子園”は大きな盛り上がりをみせている。今大会では山田陽翔(近江)や田中晴也(日本文理)らが最速148キロをマークし注目を集めた。今回は、歴代の夏の甲子園で、高校生としては規格外の球速を叩き出した選手たちを紹介する。

 

 

東北が生んだ速球王

2007年 佐藤由規(仙台育英) 対智弁学園155キロ


 
 甲子園最速記録を叩き出したのが由規こと佐藤由規だ。2年生エースとして迎えた2006年夏の宮城大会決勝では、東北を相手に24回を投げ切り、一躍有名になる。翌年佐藤は中田翔、唐川侑己と高校BIG3と称される。

 注目の2人が地方予選で敗退し、大会前から佐藤が一身に注目を集める形となったが、初戦の相手、智弁和歌山から17奪三振を奪い完投勝利。続く2回戦、智弁学園戦の4回に投じたストレートが155キロを記録した。仙台育英はこの試合で姿を消したが、佐藤自身はますます脚光を浴びることとなった。同年の日米親善試合では157キロを記録している。
 
 5球団の争奪の上、東京ヤクルトスワローズに入団。2010年には当時の日本人最速となる161キロを記録した。その後楽天に移籍し、現在は独立リーグ、埼玉武蔵ヒートベアーズに所属している。怪我に泣かされプロ通算は32勝にとどまったが、「みちのくのプリンスK」は伝説として野球ファンの間で語り継がれるだろう。

1 2 3 4 5 6