プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



プロ野球選手高身長ランキング2022…NPBが誇る200センチクラスの選手たち。日本人のランクインは?

2022/05/28

text By

photo

Getty Images



2位:スターリン投手(201cm)


 
ポジション:投手
投打:右投右打
身長/体重:201センチ/100キロ
生年月日:1998年7月21日
経歴:ノクトゥルノ・カナスティカ高-マイナーリーグ-DeNA(育成)
 

ドミニカ出身、荒削りながらポテンシャル抜群の剛腕

 2位にはDeNAの育成選手、スターリンがランクイン。17歳でサンディエゴ・パドレスと契約してマイナーリーガーとなると、2020年まで在籍。同年の秋にDeNAと育成契約を結び、2021年はBCリーグ・神奈川フューチャードリームスに派遣された。
 
 勢いのあるフォームから投げ込むまっすぐには力があり、高い奪三振能力が評価されている。マイナーリーグ通算では123回1/3を投げて158個の三振を奪った。一方で制球力には課題が残り、昨季二軍では12回で19個の四球を与え、防御率8.25と結果を残せなかった。

 23歳と「これから」の選手で、右の剛腕リリーフはDeNAにとって必要なポジション。しかし、今季ここまでは8試合登板で0勝4敗、防御率24.16と苦しい投球が続いている。強みを消さず、制球力を高めていくことが求められる。まずは二軍で結果を残し、支配下登録を勝ち取りたい。

1 2 3 4 5 6