プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



広島の“歴代最強”ファースト5人。球団史を彩る正一塁手の系譜、カープレジェンド選手たちの成績は?

2022/02/05

text By

photo

産経新聞社



 球史を振り返れば、どの球団にもポジションの代名詞と言える名選手がいるものだ。強いチームには、必ず確固たる地位を築くレギュラー選手の存在がある。今回は、ポジション毎に球団を支えてきた偉大な選手たちを紹介する。(広島東洋カープ・一塁手編)
 

 

衣笠祥雄(きぬがささちお)


投打:右投右打
身長/体重:175センチ/73キロ
生年月日:1947年1月18日
経歴:平安高
○最優秀選手(MVP):1回(1984年)
○打点王:1回(1984年)
○盗塁王:1回(1976年)
○ベストナイン:3回(1975、80、84年)
○ゴールデングラブ賞:3回(1980、84、86年)
○オールスターゲーム出場:13回(1971、74-77、80-87年)
※ベストナイン、ゴールデングラブ賞は三塁手部門での受賞。

 2215試合連続出場のNPB記録を保持する“鉄人” 広島一筋23年の現役生活を送り、安打(2543安打)、本塁打(504本)、打点(1448打点)などでも歴代上位の数字を誇った。1968年に一塁の定位置を獲得し、クリーンアップの一角として打率.276、21本塁打をマーク。以降は強力打線の中核を担い、74年にはキャリアハイの32本塁打を放った。翌75年には三塁へコンバートすると、最優秀選手(MVP)、打点王、盗塁王など数々のタイトルを受賞。輝かしい実績を残し、チームの黄金期を築いた。また、68年から現役最終年まで20年連続2桁本塁打を記録。71年から引退まで全試合出場を継続していた。
 
 通算成績は、2677試合出場、打率.270、2543安打、504本塁打、1448打点、266盗塁となっている。

1 2 3 4 5