データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



二刀流・大谷翔平が新人王に輝く衝撃のメジャーデビュー 、イチローは古巣マリナーズに復帰――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2018年編】

2020/08/01

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



イチローは古巣マリナーズに復帰。シーズン途中に異例の就任も

 続いて、メジャー18年目を迎えたイチローだ。
 同年はキャンプインまで未所属となっていたが、3月にシアトル・マリナーズと契約。古巣への復帰が決定した。
 
 開幕戦に「9番・左翼」として名を連ね、5年ぶりの開幕スタメンを勝ち取ったイチロー。しかし、打撃不振となり、シーズン序盤の5月3日に、マリナーズのスペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)への異例の就任が発表され、残りの試合は欠場することも伝えられた。
 
 最終的に15試合の出場で、打率.205、OPS.460となった。就任以降はチームに帯同し、選手のサポート役に徹した。引退も囁かれたが、翌年に向けてトレーニングを継続したことから、現役継続に含みが持たれた。
 
 
年度別一覧に戻る

1 2 3 4


  • 記者募集