データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中賢介、中島裕之がメジャー挑戦。青木宣親は三振率で両リーグ最高の数字――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2013年編】

2020/07/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 7月23日(日本時間7月24日)に開幕するメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2013年編。

2013年シーズンOPSランキングトップ10


 
 

 2013年は、ミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース)が連覇を果たした。同年は打率.348、44本塁打、137打点、OPS1.078で2年連続となるアメリカン・リーグ首位打者とシーズンMVPを獲得。打率、出塁率、長打率、OPSと4部門で両リーグトップの数値をマークした。
 
 2位にはクリス・デービス(ボルチモア・オリオールズ)がランクインした。同年は打率.286、53本塁打、138打点、OPS1.004をマーク。ア・リーグ本塁打王、打点王の二冠に輝き、カブレラの2年連続三冠王を許さなかった。
 
 3位は前年と同じくマイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)、4位は同年のワールドチャンピオン、ボストン・レッドソックスからデビッド・オルティス、5位はポール・ゴールドシュミットが入った。
 
 メジャー3年目のゴールドシュミットは、打率.302、36本塁打、125打点、OPS.952で初の打撃タイトルとなるナショナル・リーグ本塁打王、打点王の二冠に輝き、大きく飛躍を遂げた。
 
 6位にトロイ・トゥロイツキー(コロラド・ロッキーズ)、7位にジェイソン・ワース(ワシントン・ナショナルズ)、8位にジョーイ・ボットー(シンシナティ・レッズ)と続いた。
 
 9位にはマイケル・カダイアー(コロラド・ロッキーズ)が初のランキング入りを果たした。メジャー13年目の同年は、打率.331、20本塁打、84打点、OPS.918でキャリア唯一の打撃タイトルとなるナ・リーグ首位打者を獲得。遅咲きのベテランが一花を咲かせた。
 
 10位には、ナ・リーグのシーズンMVPに輝いたアンドリュー・マカッチェン(ピッツバーグ・パイレーツ)という結果となった。

田中賢介、中島裕之がメジャー挑戦

 2013年は、田中賢介がメジャーデビューを果たした。
 
 田中は、北海道日本ハムファイターズからFA移籍でサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約。NPBでは打撃タイトルの受賞歴はないが、小技もこなせる巧打者、二塁の名手として活躍を続けた。
 
 MLBではマイナーで開幕を迎え、シーズン序盤に外野手へコンバート。打撃は好調を維持し、7月上旬にメジャー初昇格を果たした。
 
 デビュー戦では初安打を放ち、外野守備でも好守を見せた田中。以降もまずまずの結果を残していたが、7月下旬にマイナー降格となり、アピールを続けたが、再昇格とはならなかった。
 
 最終的に15試合の出場に留まり、打率.267、2盗塁、OPS.620となった。しかし、マイナーでは3割を超える打率を残しており、慣れない外野のポジションもそつなくこなしていた。
 
 同じく海を渡った中島は、埼玉西武ライオンズからFA移籍でオークランド・アスレチックスに入団。NPBでは、独特な打撃フォームで最高出塁率2回、最多安打1回を獲得した好打者だ。
 
 MLBではオープン戦から不調が続き、開幕前に左太腿裏を損傷し、故障者リスト入りとなった。
 
 5月に戦列復帰し、マイナーではまずまずの成績を残したが、メジャー昇格は果たせず、シーズンを終えた。

メジャー2年目を迎えた川﨑宗則と青木宣親

 ここでは、メジャー2年目を迎えた川﨑宗則、青木宣親両選手の成績を振り返っていく。
 
 まずは川﨑から振り返る。
 
 メジャー2年目を迎えた同年は、開幕が近付いた3月中旬にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。
 
 開幕はマイナーで迎えたが、4月中旬にメジャーへ昇格。貪欲にアピールを続けて出場機会を掴み、6月下旬にはメジャー初本塁打も放つなど、前半戦だけで前年の出場数を上回った。
 
 後半戦ではマイナー降格となるなど、出場機会は減少したが、打撃成績は向上させた。
 
 最終的に96試合に出場。打率.229、7盗塁、OPS.634となった。チームは変わったが、前年同様スーパーサブとしての役割を担った。
 
 続いて、青木を振り返る。
 
 同年は、「1番・右翼」で開幕スタメンを勝ち取った青木。本塁打を放つなど幸先の良いスタートを切った。その後は打率がやや低迷したが、5月に復調。前半戦は3割近い打率を残した。
 
 7月28日には日米通算100本塁打を達成。同年は好不調の波が少なく、安定した活躍を見せた。
 
 最終的に155試合に出場。打率.286、8本塁打、20盗塁、OPS.726をマークした。同年は大きな持ち味であるミート力も数字が物語っており、三振率は両リーグで最小となった。

イチローの2013年シーズン

 最後に、メジャー13年目を迎えたイチロー。
 
 初めてヤンキースで開幕を迎えた同年は、「7番・右翼」で開幕スタメンを掴んだ。
4月は打撃不振に陥り、打率が低迷したが、6月に復調を果たすと、2割8分台とまずまずの成績で前半戦を折り返した。
 
 8月21日には日米通算4000安打を達成。後半戦も出場を続けたが、打率は停滞気味だった。
 
 最終的に150試合に出場。打率.262、20盗塁、OPS.639となった。一定数の出場機会は得たものの、過去12年と比較すると、打撃成績は劣った。
 
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集