データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



西岡剛がメジャー挑戦。イチロー、松井秀喜、福留孝介の活躍はーー日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2011年編】

2020/07/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 7月23日(日本時間7月24日)に開幕するメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2011年編。

2011年シーズンOPSランキングトップ10


 
 
 2011年は、ホセ・バティスタ(トロント・ブルージェイズ)が初のランキング1位に輝いた。同年は打率.302、43本塁打、103打点をマークし、2年連続でアメリカン・リーグ本塁打王を獲得。長打率.608、OPS1.056は両リーグトップの数値を誇った。
 
 2位は前年に続いて、ミゲル・カブレラ(デトロイト・タイガース)となった。同年のカブレラは、打率.344、30本塁打、105打点で自身初のア・リーグ首位打者を獲得。出塁率.448は両リーグトップの数字を記録した。
 
 3位にはライアン・ブラウン(ミルウォーキー・ブルワーズ)、4位にはマット・ケンプ(ロサンゼルス・ドジャース)が入った。同年のケンプは、打率.324、39本塁打、126打点で初の打撃タイトルとなるナショナル・リーグ本塁打王、打点王の二冠を獲得。さらなる飛躍を遂げた。
 
 5位にプリンス・フィルダー(ブルワーズ)、6位にランス・バークマン(セントルイス・カージナルス)、7位にエイドリアン・ゴンザレス(ボストン・レッドソックス)と続いた。同年のゴンザレスは、打率.338、27本塁打、117打点をマーク。両リーグトップの213安打を放つなど、強い存在感を放った。
 
 8位は同じくレッドソックスのデビッド・オルティス、9位はジョーイ・ボットー(シンシナティ・レッズ)、10位はジャコビー・エルズベリー(レッドソックス)が初のランキング入りを果たした。

西岡剛がメジャーデビュー

 2011年は、西岡剛がメジャーデビュー。
 福留孝介以来、3年ぶりの日本人野手挑戦となった。
 
 西岡は、千葉ロッテマリーンズからポスティングシステムを利用し、ミネソタ・ツインズに入団。NPBでは首位打者、最多安打、盗塁王などを獲得しており、前年は千葉ロッテの主将として「史上最大の下克上」と呼ばれるリーグ3位から日本一を勝ち取る立役者となった。
 
 MLBでは、オープン戦から打撃でアピールを見せ、「2番・二塁」で開幕スタメンを掴んだ西岡。初安打も記録するなど順調なスタートを切った。しかし、直後の試合で二塁塁上での交錯により左足腓骨を骨折し、故障者リスト入りとなった。
 
 6月中旬に戦列復帰を果たしたが、打率が低迷。8月には調子が上向いてきたものの、右脇腹を痛め、2度目の故障者リスト入りとなり、シーズン中の復帰は叶わなかった。
 
 最終的に68試合に出場し、打率.226、2盗塁、OPS.527。相次ぐけがに見舞われ、悔しいメジャーデビュー年となった。

3ページ目

 松井秀喜、福留孝介両選手は、厳しいシーズンとなった。
 
 まずは、メジャー9年目を迎えた松井だ。
 
 前年オフにオークランド・アスレチックスに移籍した松井。
 オープン戦では不調だったが、「5番・指名打者」で開幕を迎えた。しかし、開幕後も調子が上がらず、5月にはさらなる不振に陥るなど、復調のきっかけも掴めなかった。
 
 7月にようやく調子を取り戻すと、20日には日米通算500本塁打を達成。しかし、8月以降は再び低迷し、そのままシーズンを終えた。
 
 最終的に141試合に出場し、打率.251、12本塁打、72打点、OPS.696の成績。後半戦には数字を伸ばしたが、打撃不振が目立つシーズンとなった。
 
 次に、メジャー4年目を迎えた福留だ。
 
 例年同様、開幕から好スタートを切った福留。しばらく好調を維持していたが、6月下旬に3割を切ると、そこから調子を崩した。7月下旬にはトレード移籍でクリーブランド・インディアンスへと戦いの場を移した。
 
 最終的にシーズン合計146試合の出場で、打率.262、8本塁打、35打点、OPS.712。前年に比べ打率は向上させたが、それ以外は、軒並みメジャー移籍後ワーストの数字となった。

イチローの2011年シーズン

 最後に、メジャー11年目を迎えたイチローの成績を振り返っていく。
 
 同年は、春先から好調な滑り出しを見せ、4月の月間打率は3割を優に超えた。しかし、5月に極度の不振に陥ると、その後は停滞。後半戦に入っても復調には至らず、6月以降は打率3割を超えることはなかった。
 
 最終的に161試合に出場。打率.272、184安打、40盗塁、OPS.645となった。足では例年同様の存在感を見せ、6月15日に日米通算600盗塁とメジャー通算400盗塁を同時達成した。しかし、10年連続で達成していた打率3割、200安打の記録は途切れ、ゴールドグラブ賞も落選。キャリアに陰りが見え始めるシーズンとなった。
 
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集