データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、ストレートにキレなく5敗目。単調すぎる配球、5回の投球から活路を見出せるか【雄星リポート第16戦】

シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が18日(日本時間19日)、本拠地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発登板し、5回6失点で5敗目を喫した。5月中旬以来勝ち星から遠ざかっている左腕に、いま何が起こっているのだろうか。

2019/06/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



ボールの調子の見極めがうまくいかず

  シアトル・マリナーズの菊池雄星が本拠地のTモバイルパークでのロイヤルズ戦に登板し、5回を投げ、2被弾を含む9安打6失点で5敗目を喫した。
 
 立ち上がりから頼みのストレートが本来のキレを欠く苦しいピッチングだった。
 
 試合は1回表、先頭のメリフィールドに右翼前に落とされると、そこからモンデシー、ゴードンと単打を3つ連ねられて2失点を喫した。全てストレートを野手の間に落とされたもので、いつもほどのキレがなかったからヒットになったものばかりだった。
 
 2回には先頭のボニファシオにカーブを左翼線に運ばれて無死二塁のピンチを招くと、1死後、ロペスに左翼前安打、ハミルトンに四球を与えて満塁と絶体絶命のピンチ。ここからスライダーを多投して、辛くも無失点に抑えたものの、なんとかしのいだという印象は拭えなかった。
 
 3回には4番・ソレアにカーブを右中間スタンドに運ばれると、4回には、1死からロペスとハミルトンの連打で1死二、三塁のピンチを招くと、メリフィールドに対しては、カウント3−1から投じたスライダーを左翼スタンドに放り込まれて3点を失った。
 
 これほどストレートに勢いがないとやはり苦しい。それでもピッチングのメインにしていかなくてはいけない苦しさが今の菊池にはあるのかもしれない。2回のピンチを抑えた際には、スライダーで抑えられていたから、本来は初回から使うべきだったかもしれないが、過去の数試合は真逆だった。一つ一つのボールの調子を見極めるのがうまくいっていないのだろう。

1 2