データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



“腫れ物”扱いのイチロー。致命的な低打率も日本のファンが期待してしまう「何か」

シアトル・マリナーズのイチロー外野手が「2019 MGM MLB Opening Series」に先駆けて、読売ジャイアンツとのプレシーズンマッチに出場した。24打席連続無安打と不振にあえぐ現状を受け止めながらも、イチローは結果を出す機会をうかがっている。日本のファンは常識を覆すような「何か」を期待して東京ドームへと足を運ぶ。

2019/03/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



ファンが思い描く不死鳥の残像

 我々が彼に、「何か」を期待してしまうのは周囲の目線を簡単に裏切ってしまうからだ。こんなところではできないであろう場面で最高のパフォーマンスを発揮する。そうは言わないだろうというようなことを口にする。裏切りとは、絶望を意味しない。新たなる世界への誘いだ。それをイチローはやってしまうのである。
 
 周囲の目線、固定観念や先入観とは異なる世界で生きてきた。我々が残像として思い描くのは、彼がこれまで窮地から蘇ってきた姿ばかりだ。それほど、彼が残してきたものは大きい。
 
 レギュラーシーズンを前に、24打席連続無安打、打率.065は致命的な数字と言えるだろう。いつ、契約が打ち切られても不思議ではない
 
 でも、レギュラーシーズンが始まれば、また変わるのではないかと思ってしまうものがイチローにはある。
 
 20日から始まるオークランド・アスレチックスとの開幕シリーズ2連戦。
  
 「何か」が起こる。
 
 そう信じて我々日本人は東京ドームへ向かう。
 
 We really expect him(私たちはどうしても彼に期待してしまうのだ)。
 
 
氏原英明

1 2 3



  • 記者募集