データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



普通に知っている? MLBの日本人初○○のあれこれ<投手部門編>【編集部フォーカス】

2017/07/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



■日本人初勝利&奪三振

 

 
村上雅則投手、1964年9月29日、9月1日
  
 日本人MLB選手の先駆者である村上雅則投手が、ジャイアンツでデビューを果たした1964年に勝利、セーブ、奪三振を記録。まずはデビュー戦の9月1日のメッツ戦でチャーリー・スミス内野手から見逃し三振を記録。日本人投手として歴史を築いた。
 
 また、同年9月22日には そして、9月29日には4-4と同点で迎えた9回からの3イニングを1安打、3三振に抑え、11回裏にチームはサヨナラ勝ち。日本人投手として初の勝利を手に入れた。ちなみに初敗戦も村上が1965年5月22日に記録している。

【次ページ】■日本人初セーブ
1 2 3 4 5 6 7



  • 記者募集