データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



普通に知っている? MLBの日本人初○○のあれこれ<投手部門編>【編集部フォーカス】

2017/07/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



■日本人初ワールドシリーズ登板

 

 
岡島秀樹投手、2007年10月25日
  
 ワールドシリーズで初めて登板した日本人投手は2007年のレッドソックス時代の岡島秀樹投手だ。この試合で岡島は先発のカート・シリング投手の2番手として2-1と1点リードの緊迫した6回途中から登板。2回1/3を無安打、4三振に抑える好投でホールドを記録。チームの勝利に貢献した。
 
 ちなみに第3戦では松坂大輔投手がワールドシリーズで日本人初の先発投手として登板し、5回1/3を3安打、3四球、5三振、2失点で勝利投手となった。

1 2 3 4 5 6 7



  • 記者募集