データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】まるで“精密機械”完封勝利の田中、ゴロアウト16個でRソックス打線翻弄

2017/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が、27日(日本時間28日)に敵地フェンウェイ・パークで行われたボストン・レッドソックス戦に先発し、3-0で自身3年ぶりの完封勝利を収めた。
 
 強打のレッドソックス打線を相手にした田中は、3点の援護を受けて登った9回のマウンドも三者凡退に抑えてわずか97球で試合を締めくくった。
 
 9回を被安打3、与四球0、奪三振3、失点0という内容だったが、投じた97球のうち72球がストライクとコントロールが抜群に良かった。イニング毎の球数は初回9球、2回14球、3回11球、4回17球、5回6球、6回11球、7回8球、8回12球、9回9球となっている。
 
 また、この球数の少なさは打者を打たせて取ったことが要因で、アウトの内訳はゴロアウトが併殺打を含め16個と多く、フライアウト&ライナーアウトが8個、三振が3個だった。
 
 まるで“精密機械”と称されアトランタ・ブレーブスなどで活躍したグレッグ・マダックスのような投球でレッドソックス打線を翻弄した田中。今季3勝目を挙げ、いよいよチームのエースとしての活躍が今後期待される。

スポンサードリンク

shiro