データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】韓国から再びメジャーへ―“逆輸入”男が絶好調。現在HRリーグトップタイ

2017/04/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 今季、韓国プロ野球(KBO)からMLBに「逆輸入」された男がいる。名前はエリック・テームズ内野手。2015年にはKBOのNCダイノスで、47本塁打、40盗塁を記録し、MVPを獲得。40-40はアジアプロ野球史上初の偉業であった。
 
 テームズはKBOで3年間プレーし、124本塁打を記録。その活躍に目をつけたミルウォーキー・ブリュワーズが、2016年オフに獲得した。今季は開幕からの11試合で、打率.368(ナショナル・リーグ6位)、6本塁打(同1位タイ)、11打点(同3位タイ)と、最高のスタートを切っている。
 
 左打ちのテームズは、MLBのキャリアをトロント・ブルージェイズでスタートさせた。2011年には3Aで打率.352を打つと、24歳でMLBデビューを果たす。この年は打率.262、12本塁打、37打点を記録するなど、将来を期待されていた。
 
 しかし、翌年にはシーズン途中にシアトル・マリナーズに、昨季まで広島東洋カープに在籍していたスティーブ・デラバー投手を相手にトレードされてしまう。さらに続く2013年にもボルティモア・オリオールズへトレードされ、シーズン終了前に契約解除。テームズはすぐにヒューストン・アストロズと契約するが、アストロズもシーズン後に放出。ここで、テームズが選んだ道は韓国球界だった。
 
 KBOのNCダイノスと契約したテームズは、打高で知られる韓国球界で遂に才能を開花させる。1年目から打率.343、37本塁打、121打点を叩きだすと、2年目には打率.381、47本塁打、140打点、40盗塁の驚異的な成績を記録し、MVPを獲得。3年目の2016年シーズンも40本塁打を放ち、韓国球界でスター選手となった。

スポンサードリンク

1 2