プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、第34号先制2ランホームラン! 右手一本での技あり弾、米リポーターも驚愕「彼以上に価値のある選手はいない」【海外の反応】

2022/09/12

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新情報(最新ニュース)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は11日(日本時間12日)、敵地で行われたヒューストン・アストロズ戦に「2番・指名打者(DH)」でスタメン出場。先制の第34号2ラン本塁打を放った。この活躍に米放送局『バリー・スポーツ・ウエスト」でリポーターを務めるパトリック・オニール氏が反応している。

 

 
 大谷は初回、無死三塁のチャンスで第1打席を迎え、アストロズ先発ルイス・ガルシア投手と対戦。カウント1ボール2ストライクからの4球目、低めの78.4マイル(約126キロ)カーブを上手くとらえた。打球は右中間スタンドに飛び込む先制の第34号2ランホームラン。3試合ぶりの一発は、右手一本で運ぶ技あり弾となった。
 
 この日の大谷は、4打数2安打2打点1本塁打1四球(右中本②、中2、右飛、四球、遊ゴロ)の成績。打率.266、OPS.894(出塁率.355+長打率.539)となっている。
 
 オニール氏は自身のTwitterで「アストロズ戦で昨夜12勝目を挙げ、今日は先制2ラン本塁打を放った。大谷翔平以上にチームにとって価値のある選手はいない」と綴った。
 

 
 エンゼルスは、投手陣が崩れ4-12で敗戦。アストロズとの3連戦は1勝2敗に終わった。

1 2