プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、反撃の第26号ホームラン! 滞空時間の長い中越え弾に米記者「文字通り月に触れたかもしれない」【海外の反応】

2022/08/14

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新情報(最新ニュース)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は13日(日本時間14日)、本拠地で行われたミネソタ・ツインズ戦に「2番・指名打者(DH)でスタメン出場。第4打席に3試合ぶりとなる第26号ソロ本塁打を放ち、チームのサヨナラ勝ちに貢献した。この活躍に米メディア『フォックススポーツ』のベン・バーランダー記者が反応している。

 

 
 大谷の第4打席は、3点ビハインドとなった8回2死の場面。右腕ヨアン・デュラン投手がカウント2ボール1ストライクから投じた4球目、87.6マイル(約141キロ)のカーブを弾き返した。高く打ち上がった打球はセンターフェンスを越え、反撃の第26号ソロアーチ。バーランダー記者は「大谷翔平の本塁打は、文字通り月に触れたかもしれない。それ以外のことは言えない」と驚愕の様子を綴っている。
 
 この日の大谷は、4打数1安打1打点1本塁打1四球(一ゴロ、左飛、三邪飛、中本①、申告敬遠)の成績。打率.253、OPS.845(出塁率.346+長打率.499)となっている。

 大谷の一発で勢いづいた打線は、土壇場9回に同点に追いつき!タイブレーク制(無死二塁から試合開始)が適用される延長戦へ。エンゼルスは11回、テイラー・ウォード外野手にサヨナラ本塁打が飛び出し、5-3で劇的勝利を飾った。

1 2