プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】大谷翔平、オールスター初安打&四球! リードオフマンとして躍動、アリーグは9年連続球宴勝利

2022/07/20

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新情報(最新ニュース)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は19日(日本時間20日)、ドジャー・スタジアムで開催された「MLBオールスターゲーム2022」にアメリカン・リーグの「1番・指名打者(DH)」でスタメン出場。1安打1四球の結果を残した。
 

 
 投手&DHとして選出されるも、後半戦初戦に先発するために野手に専念することとなった大谷。プレイボール直後の第1打席では、ナ・リーグ先発クレイトン・カーショウ投手(ドジャース)と対戦。その初球、90.9マイル(約146キロ)フォーシームにスイングをかけた。つまった当たりとなったが、内野の頭を越えてセンターへ。積極的な打撃でオールスター初ヒットを記録した。
 
 続く3回2死の第2打席では、右腕ジョー・マスグローブ投手(パドレス)に対し、フルカウントから四球を選んで2打席連続出塁。2年連続2度目のオールスターは、1打数1安打1四球の成績で出番を終えた。

 試合は、ナ・リーグが初回にムーキー・ベッツ外野手(ドジャース)の適時打などで2点を先制。しかしア・リーグは4回、ジャンカルロ・スタントン外野手(ヤンキース)、バイロン・バクストン外野手(ツインズ)の連続ホームランが飛び出し、一気に試合をひっくり返した。その後は投手戦の様相を呈し、1点差のまま最終回へ。ア・リーグはガーディアンズの守護神エマニュエル・クラセ投手が3者連続三振で締めて3-2でゲームセット。ア・リーグが大接戦を制し、9年連続で白星を飾った。