プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、第16号同点ソロホームラン! 今季最長141メートル&メジャー最速190キロ弾、驚愕の一発に米記者「冗談だろ?!」【海外の反応】

2022/06/26

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新情報(最新ニュース)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は25日(日本時間26日)、本拠地で行われたシアトル・マリナーズ戦に「3番・指名打者(DH)でスタメン出場。第2打席に今季第16号本塁打を放った。

 

 
 3試合ぶりとなる驚愕のアーチを描いた。
 
 大谷の第2打席は、1点ビハインドとなった3回2死の場面。マリナーズ先発ローガン・ギルバート投手がカウント3-1から投じた5球目、低めの96.8マイル(約156キロ)フォーシームを完璧にとらえた。打った瞬間の当たりは、右中間スタンドに飛び込む同点ソロホームラン。今季最長の飛距離462フィート(約141メートル)、メジャー自己最速となる打球速度118マイル(約190キロ)を計測した。

 米メディア『フォックス・スポーツ』のベン・バーランダー記者は、自身のTwitterを更新。動画付きで大谷の本塁打に反応し、「大谷翔平の462フィート。冗談だろ?!」と信じられない様子を綴った。
 
 この日の大谷は、4打数1安打1打点1本塁打1四球(見三振、右中本、申告敬遠、中飛、右直)の成績。打率.261、OPS.832(出塁率.339+長打率.493)となっている。また、エンゼルスは3-5で敗戦。同地区のマリナーズ相手に連敗を喫し、地区4位に転落した。

1 2