プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、日米通算150本塁打達成! 6試合ぶりとなる9号先頭打者アーチ、特大135メートル弾に米記者も興奮「荒れた茂みの上を越えていった!!」【海外の反応】

2022/05/23

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新情報(最新ニュース)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は22日(日本時間23日)、本拠地で行われたオークランド・アスレチックス戦に「1番・指名打者(DH)でスタメン出場。第1打席に今季第9号本塁打を放ち、チームの勝利に大きく貢献した。

 

 
 節目の一発は、バックスクリーンへ飛距離443フィート(約135メートル)を計測した特大の先頭打者アーチとなった。
 
 大谷は初回の第1打席で、アスレチックス先発コール・アービン投手と対戦。1ストライクからの2球目、高めに浮いた75.6マイル(約122キロ)カーブを逃さなかった。完璧にとらえた打球はセンターフェンスを越える先頭打者本塁打。この一発で大谷は、日米通算150号本塁打(NPB48本、MLB102本)に到達した。
 
 この先頭打者弾に米メディア『フォックス・スポーツ』のベン・バーランダー氏が自身のTwitterで反応。「大谷翔平の本塁打はセンターの荒れた茂みの上を越ええいった!!」と綴った。
 
 その後は3打席凡退した大谷だったが、3点リードとなった8回2死一塁の第5打席では、右腕ジャスティン・グリム投手から遊撃への内野安打を記録。得点には繋がらなかったが、快足を活かしてチャンスを演出した。

 この日の大谷は、5打数2安打1打点1本塁打(中本、右直、一直、三ゴロ、遊安)の成績。打率.259、OPS.780(出塁率.315+長打率.465)となっている。
 
 投打が噛み合ったエンゼルスは、4-1で勝利。アスレチックスとの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。

1 2