大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » 夏の甲子園 » 「夏の甲子園」最強高校ランキング1~5位|第105回全国高校野球選手権大会

「夏の甲子園」最強高校ランキング1~5位|第105回全国高校野球選手権大会

2023/08/02

text By

photo

産経新聞社



高校野球 夏の甲子園 最新情報(最新ニュース)

 第105回全国高等学校野球選手権大会が2023年(令和5年)8月6日から17日間、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催。全国47都道府県の49代表校(北海道・東京は2校)が出場し、夏・王者をかけて熱戦を繰り広げる。
 
 ここでは、歴代の選手権大会における通算成績を基に、高校別のランキングを作成した。基準としたのは、「優勝」「準優勝」「4強」「8強」の回数。優勝:10pt、準優勝:5pt、4強:3pt、8強:1ptの合計ポイントでランク付けしている。ただ、配点によって順位変動は出てくるため、今回はこの配点に限ったランキングであることをご留意いただきたい。
 
※同一Ptで並んだ場合、優勝回数が多い方が優先、以下も同様。
※第104回大会まで時点

 

 

5位:PL学園高校(ぴーえるがくえん)


 
所在地:大阪府
 
<選手権大会成績>
優勝:4回
準優勝:3回
ベスト4:0回
ベスト8:2回
合計Pt:57Pt
 
 5位には、無類の強さを誇った大阪・PL学園が入った。
 

 
 西田真二を擁した第60回大会(1978年)で初の全国制覇。桑田真澄と清原和博の「KKコンビ」は、第65回大会(1983年)と第67回大会(1985年)の2度夏を制し、第67回大会(1985年)でも優勝を掴んだ。
 
 一時代を築いたPL学園だが、2009年の春夏連続出場を最後に聖地・甲子園から姿を消した。2016年秋以降は休部状態が続いていたが、1年生部員の入部が許可されるなど、活動再開へ向けて動き出している。
 
主なOB選手
新井宏昌、宮本慎也、松井稼頭央、福留孝介、前田健太ら

1 2 3 4 5