プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



「夏の甲子園」最強高校ランキング6~10位|第104回全国高校野球選手権大会

2022/08/05

text By

photo

産経新聞社



高校野球 夏の甲子園 最新情報(最新ニュース)

 第104回全国高等学校野球選手権大会が2022年(令和4年)8月6日から17日間、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われる。全国47都道府県の49代表校(北海道・東京は2校)が出場し、夏・王者をかけて熱戦を繰り広げる。
 
 ここでは、歴代の選手権大会における通算成績を基に、高校別のランキングを作成した。基準としたのは、「優勝」「準優勝」「4強」「8強」の回数。優勝:10pt、準優勝:5pt、4強:3pt、8強:1ptの合計ポイントでランク付けしている。ただ、配点によって順位変動は出てくるため、今回はこの配点に限ったランキングであることをご留意いただきたい。
 
※同一Ptで並んだ場合、優勝回数が多い方が優先、以下も同様。
※第103回大会まで時点

 

 

10位;早稲田実業(わせだじつぎょう・そうじつ)


 
所在地:東京都
 
<選手権大会成績>
優勝:1回
準優勝:2回
ベスト4:3回
ベスト8:9回
合計Pt:38Pt
 
 西東京の名門・早稲田実が、ベスト10入りを果たした。

 優勝を飾ったのは2006年、第88回大会だ。“ハンカチ王子”の愛称で話題となったエース・斎藤佑樹がチームを牽引。田中将大を擁した駒大苫小牧(南北海道)との決勝戦は、壮絶な投手戦の末に延長15回で決着つかず。翌日の再試合で4-3の大接戦を制し、夏27回目の出場で深紅の大優勝旗を手にした。
 
 また、第11回大会(1925年)で準優勝。第62回大会(1980年)も、1年生エース・荒木大輔が躍動して決勝戦まで駒を進めたが、横浜(神奈川)に惜しくも敗れている。
 
主なOB選手
王貞治、大矢明彦、荒木大輔、斎藤佑樹、清宮幸太郎ら

1 2 3 4 5