データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



WBC決勝、米国が投打で圧倒し悲願の初V!プエルトリコは2大会連続決勝で涙

2017/03/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 プエルトリコ0-8米国
 
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝のプエルトリコ対米国戦が、22日(日本時間23日)米国・ドジャースタジアムで行われた。米国が0-8で勝利を収め、悲願のWBC初制覇となった。
 
 オランダとの死闘を制したプエルトリコは2大会連続、侍ジャパンとの接戦を制した米国代表は初の決勝進出となった。どちらの国が勝利しても初優勝という状況であり、現地には両国ファンが多数集結。プエルトリココール、USAコールが入り乱れる大盛況を見せた。
 
 プエルトリコ先発はルーゴ、米国先発はストローマンで始まった試合は、ストローマンの快投と打線の援護がかみ合い、米国が終始試合の主導権を握った。
 
 1、2回は両投手無得点に抑えたが、3回にルーゴが米打線に捕まる。
9番ルクロイが中前打で出塁すると、1番キンズラーが本塁打を放ち2点を先制した。ここまで不振に苦しんでいたリードオフマンが、決勝で本領発揮となる打撃を披露した。
 
 米国は5回にもプエルトリコ投手陣を攻め立てる。先頭の1番キンズラーが左前安打で出塁すると、2番A.ジョーンズも四球で続く。そして3番イエリッチが適時打を放ち1点を追加。また、6番マカッチェンが2試合連続となる適時内野安打を放ち、更に1点を追加、4点差とした。
 
 7回には4番アレナドの安打や四死球で二死満塁のチャンスを作ると、7番クロフォードが2点適時打、8番スタントンも三遊間を破る適時打を放ち、3点を奪う。また、8回も連打でチャンスを作ると、二塁・バエスの悪送球の間に1点を奪った。
 
  米国先発ストローマンは6回まで被安打1、奪三振3、与四球1の快投を見せ、チーム打率.326を誇る好調プエルトリコ打線を完璧に封じ込めた。
 
 ストローマンは、この日初安打となる二塁打を浴びたところで降板となったが、その後の2番手ダイソンも好投。プエルトリコに流れを渡さなかった。その後のニシェク、ロバートソンも無失点に抑え完封リレー。打っては13安打8得点、投げても無失点とプエルトリコを投打で圧倒し、2次ラウンドのリベンジを果たした。
 
 ほぼ全てのメンバーが髭や頭髪を金色にし、優勝への想いがどこよりも強かったプエルトリコは、本大会も準優勝という結果に終わってしまった。