データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



WBC決勝、初優勝がかかる一戦は米国がキンズラーの一発で2点先制

2017/03/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝のプエルトリコ対米国戦が、22日(日本時間23日)米国・ドジャースタジアムで行われている。
 
 オランダとの死闘を制したプエルトリコは2大会連続、侍ジャパンとの接戦を制した米国代表は初の決勝進出となった。
 
 プエルトリコ先発はルーゴ、米国先発はストローマンで試合は始まった。
 
 両投手1、2回は要所を抑えていたが、3回にルーゴが米打線に捕まった。9番ルクロイの中前打で出塁すると、1番キンズラーが本塁打を放ち2点を先制。ここまで不振に苦しんでいたリードオフマンが、遂に本領発揮の一打を放った。
 
 続く2番A.ジョーンズも四球を選び、無死1塁としたが、3番イエリッチ、4番アレナドは連続三振。5番ホスマーはカウントが悪くなったところで敬遠され、2死1・2塁で6番マカッチェンを迎える。しかし、マカッチェンは三振に倒れ、追加点とはならなかった。
 
 しかし、この回は米国が悲願の初優勝に向け、幸先よく2点を先制することに成功した。