データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



米国に挑む侍J、勝利のカギはDH。決勝進出へ攻撃的布陣で接戦に持ち込め

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、22日に侍ジャパンと米国による準決勝が行われる。第2回大会以来の世界一を目指す侍ジャパンにとって、練習試合を除けば今大会初となる米国での試合になるが、一流メジャーリーガーが揃う強敵相手に有効な布陣とは何なのか。また、どのような展開に持ち込めば勝機を見出すことができるのだろうか。

2017/03/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



1点を奪い守り切る

 かつてないほどの厳しい戦いが始まる。
 
 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、日本時間22日に準決勝第2試合を行う。野球日本代表「侍J」はアメリカと対戦するが、苦戦を強いられることが予想されている。その中で、どう勝ちにつなげていくべきなのか、展望したい。
 
 侍Jが苦しい戦いを強いられる理由は、これまでのように自らの戦いを押し出すことができないからだ。日本ラウンドは地元開催だったこともあって、日程的な面なども含めて優位な立場にあった。
 
 相手にどれだけの特徴があっても、その優位性を押し出すだけで良かった。それができない決勝Rは本当の意味でのチーム力が問われる。
 
 もっとも、チーム力といっても、日本人が大好きな“チームワーク”という意味ではない。あらゆる戦術を駆使して勝ち抜く力が必要だ。
 
 こちらの戦いを押し出すだけでは倒すのが困難な相手に対してどのような戦いをするのかチーム力が問われるわけだ。
 
 その中で勝利を近づける最大の策は、失点0に抑えることだろう。無失点に抑えることができれば、負けることはない。その中でスキを突いて1点を奪い守り切るという戦い方なら、勝機は見いだせる。
 
 たとえ1失点することがあったら、2点以上を追いかける展開にしないようにしたい。侍Jにはそれだけの投手陣が揃っている。
 
 先発はエースの菅野智之投手(巨人)と発表されているが、1失点した時点で交代するべきだろう。2番手に予想される千賀滉大投手(ソフトバンク)には最低2イニング以上の0失点が必要だ。そして、その後は、投手陣全員をつぎ込んで0に抑える、これが必勝パターンだ。

1 2