データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



1勝同士の戦いはプエルトリコが米国をリード!2連勝なら決勝Rに大きく前進

2017/03/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、2次ラウンドのプールFのプエルトリコ代表と米国代表の試合が、17日(日本時間18日)に、カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークで行われている。
 
 試合は現在5回まで終了し、4-2でプエルトリコがリード。ともにこのラウンド初戦に勝利しているチーム同士の戦いは、前回大会準優勝のプエルトリコが攻守で力を発揮している。
 
 初回、プエルトリコは先発・ルーゴが米国打線を三者凡退で打ち取ると、その裏に猛攻を仕掛ける。米国先発のストローマンから、先頭のパガーンがライト前ヒットで出塁すると、リンドーアもヒットで続き無死一、二塁とチャンスを作る。ここで3番・コレアがライト前へタイムリーヒットを放ち難なく先制に成功した。
 
 さらに攻撃は続き、4番・ベルトラン、5番・モリーナの連続タイムリーヒットで2点を追加。6番・バイエズにもヒットが飛び出し、先頭打者から6者連続ヒットとなった。その後、7番・ロサリオの犠牲フライで1点を追加し、この回4得点のビッグイニングとした。
 
 一方の米国は、2回表に先頭の4番・アレナドが二塁打で出塁し、ベネズエラ戦で決勝2ランホームランを放った5番・ホズマーがすかさずタイムリーヒットを放ち1点を返した。5回表には、先頭の6番・ポージーが左中間へソロホームランを放ち、点差を2点とした。
 
 プエルトリコ先発のルーゴは、5回を投げ終えた時点で56球、被安打3、与四球1、失点2と先発の役割を果たした。一方の米国先発のストローマンは、4回2/3を77球、被安打8、与四球1、奪三振2、失点4で降板。2番手のギブンズがアウト1つをとって切り抜けた。
 
 試合は序盤の攻防から一転、1点をめぐる緊迫した展開に突入。両チームとも初戦で勝利を挙げているとはいえ、強豪が集まるラウンドでは1つの負けが命取りになる。逆に、2連勝とすれば一気に決勝ラウンドが近づくだけに、試合後半はそれぞれの気迫がさらに激しくぶつかり合うことになるだろう。