データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





POを勝ち上がったベネズエラが米国から先制点奪う。試合は1点をめぐる緊迫した展開に

2017/03/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、2次ラウンドのプールFの米国代表とベネズエラ代表の試合が、15日(日本時間16日)に、カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークで行われている。
 
 試合は現在5回まで終了し、0-1と1次ラウンドのプレーオフを勝ち上がってきたベネズエラが、米国をリード。1点をめぐる緊迫した展開となっている。
 
 初回、米国の先発・スマイリーが先頭打者のアルトゥーベにヒットを打たれるも、後続を断ち無失点で切り抜ける。一方、ベネズエラ先発のヘルナンデスは、先頭打者から三振を奪うなど三者凡退に抑える好調な立ち上がりを見せた。
 
 2回はお互い三者凡退で無得点。しかし3回表、ベネズエラの攻撃は先頭の7番・ゴンザレスがセンター前ヒットで出塁すると、8番・チリーノスも投手へのバンド安打、さらに失策が絡んで無死二、三塁とチャンスを広げる。そして9番・インシアーテがセンターへ犠牲フライを放ち、1点を先制した。
 
  直後の3回裏、米国が反撃を仕掛ける。1死後に8番・ルクロイがレフト前ヒットで出塁。続く9番・ブレグマン、1番・キンズラーもヒットで続き、1死満塁とする。しかし、ここで2番のジョーンズはセカンドゴロの併殺に打ち取られ攻撃終了。チャンスを生かすことができなかった。
 
 4回はお互い3番から始まる好打順だったが、三者凡退。米国先発のスマイリーは、5回2死を取ったところで降板した。61球を投げ被安打3、失点1。先制点を許したものの、8つの三振を奪う好投を見せた。イニングはスマイリーの後を受けて登板したダイソンが、1つのアウトをきっちり取って終了した。
 
 ベネズエラ先発のヘルナンデスは、5回も三者凡退に抑えて、ここまで被安打3、奪三振2と米国打線を0点に封じ込めている。

スポンサードリンク