データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



WBC、失点率めぐり大混乱。ぬか喜びのメキシコ、沈痛のベネズエラ。共にルール把握せず?

2017/03/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールDのベネズエラ代表対メキシコ代表が12日(日本時間13日)にメキシコのエスタディオ・チャロスにて行われた。試合はメキシコがベネズエラの猛追を振り切り、乱打戦を11対9で制した。
 
 メキシコは0勝2敗で迎えた第3戦。2次ラウンドに進出するためには絶対に負けられない上に、失点率というWBC独自のルール(同率チームとの対戦で、守備1イニングあたりの失点数が少ない)の関係で余計な失点をしないで、勝利を収めたいところ。結局9失点はしたものの、失点率でベネズエラを下まわり、1勝2敗のイタリアと共に、プレイオフへ進出するはずだった。
 
 現地の中継でもそのように発表され、また、WBCの公式Twitterもメキシコの進出を知らせる投稿をし、メキシコも大喜びで試合を終え、ベネズエラベンチは静まり返っていた。
 
 しかし、事態は急転する。試合後のインタビューでベネズエラ代表のオマー・ビズケル監督が、「我々は明日の試合でイタリアと試合をするチャンスがあると伝えられた」と答え、また、WBCも投稿を削除するなど、事態は混乱した。
 
 どういうことか。実は、メキシコの守備イニングは18イニングではなく17イニングだったのだ。メキシコは初戦でイタリア相手にサヨナラ負けを喫しているのだが、9回裏に一死も取れずに敗戦。すなわち、その試合は8イニングしか守っていないこととなる。1イニング少ない分、失点率がベネズエラを上まわってしまったというのだ。
 
 そして、WBCも試合終了から約2時間後に正式に声明を出し、ベネズエラとイタリアが2次ラウンドをかけてプレイオフを13日(日本時間14日)に戦うことを表明。1次リーグ最大のゴタゴタがついに決着した。これによりメキシコ代表はプールDで最下位となり、次回のWBC出場に向けては2大会連続で予選ラウンドを戦わなければならなくなった。
 

【失点率】正式
 
イタリア:19回-20失点=1.053
ベネズエラ:19回-21失点=1.105
メキシコ:17回-19失点=1.118
(プエルトリコ戦は除く)
 
【失点率】変更前
 
イタリア:19回-20失点=1.053
メキシコ:18回-19失点=1.056
ベネズエラ:19回-21失点=1.105
(プエルトリコ戦は除く)