データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





メキシコ勝利で、PO進出決定!ベネズエラは1次R最下位で散る

2017/03/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド・プールDのベネズエラ代表対メキシコ代表が12日(日本時間13日)にメキシコのエスタディオ・チャロスにて行われた。
 
 メキシコが11対9でベネズエラを破り、WBCの規定により1勝2敗と並んだベネズエラよりも少ない「イニングあたりの失点数」を記録し、1次ラウンドを3位で終えプレーオフ進出を決めた。メキシコは13日(日本時間14日)にイタリアとプレーオフを戦うこととなった。
 
 メキシコは2回の表にレアードが四球で出塁すると、アマダーが右翼へ適時二塁打を放ち、メキシコが先制。さらに満塁とすると、クルーズが左翼へ犠飛を放ち、2点目を追加。NPB所属選手が躍動し、メキシコに先制点をもたらした。メキシコはさらにランナーを2人置いた状況で、1番・キロスが3ラン本塁打。ベネズエラを序盤で突き放す。
 
 5回にはレアードが左翼に3ラン本塁打を放ち、「スシポーズ」をルイス・クルーズと共に披露。世界にスシのパフォーマンスを見せつけた。
 
 先発のメンドーサは3回に、少ない球数でメジャーリーガーを多く揃えたベネズエラ打線を抑える快投を披露。5回裏に先頭を塁に出し後続と交代するが、4回を57球、3安打、2三振、2失点を記録。先発の役割をきっちりと果たした。
 
 しかし、メキシコの後続が誤算。ベネズエラ打線に捕まり、4失点を喫してしまう。それでも、7回に2点を追加し11対6としたメキシコだが、7回裏にはベネズエラのマルティネスに2ラン本塁打を浴び、さらに押し出し死球を献上し11対9の2点差。ピンチを迎えるも、ベネズエラを振り切り、11対9で勝利した。
 
【失点率】
イタリア:19回-20失点=1.053
メキシコ:18回-19失点=1.056
ベネズエラ:19回-21失点=1.105
(プエルトリコ戦は除外)
 
※その後、裁定が変わりベネズエラのプレーオフ進出が決まった。

スポンサードリンク