データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イスラエルが2点リード!打線が繋がり6回に均衡破れる

2017/03/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド・プールEのイスラエル対キューバが、12日に東京ドームで行われている。
 
 プールA・1位のイスラエルとプールB・2位のキューバの対戦は、6回裏終了時点で3-1とイスラエルが僅差でキューバをリードしている。
 
 両軍の先発は6回終了時点で既に降板しており、キューバ先発のエンテンザは4回を74球で被安打1、2奪三振、3与四球、1失点と安定した投球を見せた。エンテンザは4回に好調のラバンウエーに適時二塁打を浴びてしまったが、それ以外はランナーを出しても安定した投球を披露した。
 
 対するイスラエル先発のマーキーも、5回2/3を69球で被安打4、4奪三振、2与四死球、1失点とこちらも好投を見せた。マーキーの失点は2回に浴びたデスパイネのソロ本塁打のみであった。2次ラウンドでは球数制限が80球となるため、先発投手がより多くのイニングを投げられるようになった。
 
 5回までは投手戦となっていたが、6回にキューバ救援陣がイスラエル打線に捕まった。イスラエルは6回裏に2番ケリーの安打と4番フレイマンの四球で1死一、二塁とこの日2度目のチャンスを作ると、5番ボレンステインが右翼に適時打を放ち勝ち越しに成功。また7番ガイレンも適時打を放ち1点を追加し、2点のリードを奪った。
 
 イスラエルが1次ラウンドの勢いそのままにリードを奪った。オーストラリアとの試合をデスパイネの劇的な満塁本塁打で制したキューバは、終盤で逆転することは出来るだろうか。