データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前大会準Vプエルトリコ、優勝候補ベネズエラを圧倒しコールド勝ち

2017/03/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールD・1次ラウンドのプエルトリコ対ベネズエラ戦が、11日(現地時間10日)メキシコのエスタディオ・チャロスで行われ、プエルトリコが11-0でコールド勝ちを収めた。両国とも多くのメジャーリーガーが参加しており、注目のカードとなっていたが、まさかの結末を迎えることになった。
 
 プエルトリコの先発は、昨季メジャーデビューを果たしたルーゴ、ベネズエラの先発はマリナーズの「キング」ことヘルナンデスで試合は開始した試合は、一方的なゲーム展開となった。
 
 1、2回は両軍無得点に終わるも、3回にプエルトリコがヘルナンデスを攻め先制点を奪う。先頭の7番ロサリオがライトに三塁打を放つと、8番のT.リベラが手堅く犠飛を決め1点を先制。その後も安打、四球、プラドの失策で2死満塁とチャンスを作り、押し出し四球でさらに1点を追加し2-0とした。
 
 押し出し四球を与えたところでヘルナンデスは降板。2回2/3を51球で被安打2、3奪三振、2四球、2失点という内容だった。
 
 その後、ベネズエラは2番手にインファンテをマウンドに送る。インファンテは5番モリーナを打ち取り満塁のピンチを切り抜けた。3番手のチャシーンも4回には6球で3アウトを取るなど好投していたが、6回には2飛弾で3失点を許した。
 
 一方、プエルトリコのルーゴは5回1/3を65球、被安打1、3奪三振、無四球、無失点と完璧な内容で強力ベネズエラ打線を抑えた。続く2番手のソトは2死満塁と大ピンチで4番カルロス・ゴンザレスを迎えたが、空振り三振に斬り無得点に抑えた。
 
 そして6回裏、2015年新人王の3番コレアがバックスクリーン右に飛び込むソロ本塁打を放ち3点目を追加。また、4番ベルトランが四球を選び、5番モリーナは逆方向となる右中間に2ラン本塁打を放ち試合の主導権を握った。
 
 7回にも4番ベルトラン、6番バエス、7番ロサリオの適時打で9-0とすると、8番T.リベラが試合を決める2ラン本塁打を放ち試合を決めた。規定により、7回裏に11点差がついたためコールドゲームとなり、プエルトリコの勝利が決まった。中軸の3人が全員打点を上げ、投手陣は安定した投球でベネズエラ打線を散発3安打に抑えるなど、投打でベネズエラを圧倒した。
 
 前大会の悔しさを糧に、一部の選手は髭や髪を金に染めて本戦に臨むほど気合の入っているプエルトリコ代表。悲願の初優勝に向け、好スタートを切った。