データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



王者・侍ジャパン、準決勝で散る。3連覇へオールNPBで挑んだ7戦目の無念【WBCの軌跡】

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が6日から始まった。2009年の第2回大会で連覇を達成した日本代表は、2013年に行われた第3回大会では準決勝敗退という悔しい結果に終わった。

2017/03/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



第1ラウンド ブラジル 対 日本(第1戦)【ヤフオクドーム】

2013年3月2日(土)
 

 前回大会で連覇を達成した侍ジャパンは、全員が日本のプロ野球で活躍する選手たちで構成され、山本浩二監督の下3連覇に挑んだ。
 
 第1ラウンドは4チームで争う総当たり戦。初戦の相手は、予選を勝ち上がってきたブラジル。
 日本の先発のマウンドを託された田中将大は、初回に先制タイムリーを許すなど2回1失点と厳しい結果となったが、チームは3回に糸井嘉男のタイムリーヒットで同点。
 5回まで3-2とリードを許すも、8回に代打・井端弘和、松田宣浩のタイムリーヒットなどで一挙3点を挙げ逆転に成功。3-5で辛くも勝利を収めた。
 

1 2 3 4 5 6 7