データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【WBC・速報】韓国対イスラエル、両軍投手陣が好投。1対1の同点で試合後半へ

2017/03/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ワールド・ベールボール・クラシック(WBC)開幕戦となる韓国代表対イスラエル代表戦が6日、韓国・高尺スカイドームで行われている。
 
 韓国の先発はKBO通算112勝のチャン・ウォンジュン、対するイスラエルの先発はMLB通算121勝のベテラン右腕、ジェイソン・マーキーという両代表のエース投手を擁しての対戦となる。
 
 5回を終え、1-1の同点となっている。
 
 初回は両チーム無得点に終わったが、2回に試合が動く。
 韓国先発のチャン・ウォンジュンの制球が定まらず、四球を連発し先制点を許してしまう。
 4番のN.フレイマンに四球を与えると、続く5番のZ.ボレンステインに2塁打を浴び、無死2・3塁とピンチを作る。6番のC.デッカーを三振に仕留めるも、7番R.ラバーンウェイ、8番のT.クリーガーに連続で四球を与え、押し出しで先制点を献上してしまった。
 
 3回以降は調子を取り戻し無失点に抑え、4回を65球、1失点でまとめた。
 なお、チャン・ウォンジュンは50球以上投げたため、1次ラウンドの規定により、次の登板まで中4日空けることになった。
 
 2番手のシム・チャンミンは四球でランナーを出す場面があったが、その後は三者凡退に仕留め、無失点に抑えた。韓国代表は5回を2投手で1失点と抑えたが、打線の援護がなく苦しい展開となっている。
 
 一方、イスラエル先発のマーキーはMLB仕込みの投球術を披露した。3回まで毎回ランナーを背負うも、変化球を効果的に用いて要所を抑え、3回を45球無失点でまとめた。元千葉ロッテマリーンズのキム・テギュンから2打席連続で三振を奪うなど、実力が健在であることを証明した。今後、イスラエル代表が侍ジャパンと対戦することがあれば、マーキーは厄介な存在となることだろう。
 
 また、マーキーは45球という球数でマウンドを降りたため、中1日空ければ次の試合に登板できる。
 
 4回からはニューヨーク・メッツ傘下でプレーするZ.ソーントンが登板し無失点に抑えた。
 しかし、5回には2連続四死球でピンチを作り、イスラエルは米スタンフォード大出身の若手有望株、J.ブライヒにスイッチ。
 ブライヒは2番ソ・ゴンチャンに同点適時打を浴びるも、3番キム・テギュン、4番イ・デホをフライに打ち取り、最少失点で切り抜けた。
 
 緊迫した状況の中、試合は後半戦を迎える。
 
韓国1-1イスラエル
 
韓国
 
チャン・ウォンジュン 65球
シム・チャンミン 15球
 
イスラエル
 
J.マーキー 45球
Z.ソーントン 25球
J.ブライヒ 14球

スポンサードリンク