データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:試合速報

【プレミア12】侍ジャパン、粘りの投手リレーでグループBを1位通過。主砲・鈴木誠也が4打点

2019/11/07

<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 オープニングラウンド・グループB 日本 8-1 チャイニーズ・タイペイ>(7日、台湾:台中インターコンチネンタル野球場)    「第2回WBSCプレミア12」は7日、オープニングラウンド・グループBの3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はチャイニーズ・タイペイと対戦。鈴木誠也の4打点を挙げる活躍もあり、8-1で勝利。グループBを1位通過でのスーパーラウンド進出を決めた。    日本の先発は左腕・今永昇太。2点リードの初回、2死としながらも安打で出した走者を一塁に置き、4番リン・ホンユーを迎える。リンに初球のストレートを捉え ... 続きを見る


【プレミア12】侍ジャパン、4番・鈴木誠也の2試合連続弾で4点リード

2019/11/07

 <2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 オープニングラウンド・グループB 日本 - チャイニーズ・タイペイ>(7日、台湾:台中インターコンチネンタル野球場)    「第2回WBSCプレミア12」は7日、オープニングラウンド・グループBの3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はチャイニーズ・タイペイと対戦。3回に鈴木誠也の2試合連続本塁打が飛び出し、リードを4点に広げた。    2-0で迎えた3回、1死から菊池涼介がレフト前安打で出塁。続く近藤健介が空振り三振に倒れ、2死一塁となる。ここで打席に入った4番・鈴木が、3ボール1ストライクからの5球目、台湾2番手・ワン ... 続きを見る


【プレミア12】侍ジャパン、4番・鈴木誠也、5番・吉田正尚連続タイムリーで2点先制

2019/11/07

 <2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 オープニングラウンド・グループB 日本 - チャイニーズ・タイペイ>(7日、台湾:台中インターコンチネンタル野球場)    「第2回WBSCプレミア12」は7日、オープニングラウンド・グループBの3日目を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」はチャイニーズ・タイペイと対戦。初回、鈴木誠也、吉田正尚の連続適時打で2点を先制した。    日本は初回、2死から近藤健介が粘って四球を選ぶ。続く鈴木の打席ではバッテリーエラーで二塁に進み先制機となる。鈴木は、1ボールからの2球目、台湾先発のリャオのスライダーを捉えると、打球はセンターへ。この ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、8回裏に代打出場で空振り三振 勝ち越しの決定機逃す

2019/09/01

 ロサンゼルス・エンゼルスは8月31日(日本時間9月1日)、本拠地でボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手はベンチスタートから、同点の8回裏に代打出場して空振り三振に倒れた。試合はその後、エンゼルスが勝ち越しに成功している。    試合は初回、J.D.マルティネス外野手の適時二塁打で1点を失ったエンゼルス。2回裏にはマイク・トラウト外野手の適時打で同点。3回表には2点を奪われたが、直後に再び同点に追いついた。しかし、4回表に3‐4と勝ち越しを許していた。    その後、5回から7回までは両軍の投手が踏ん張り、無得点の展開が続く。8回、レッドソックスは2つの犠打で1点を ... 続きを見る


大谷翔平、今季100安打はお預けも今季8度目猛打賞 エンゼルスは延長11回サヨナラエラーで敗北

2019/08/21

 ロサンゼルス・エンゼルスは20日(日本時間21日)、敵地でテキサス・レンジャーズと対戦。大谷翔平投手が「3番・指名打者」で先発出場し、第4打席までに猛打賞を記録。延長戦で第5打席を迎えたが、左飛に倒れた。エンゼルスは延長11回裏、サヨナラエラーで2-3の敗北を喫した。    大谷は初回の第1打席は遊ゴロに終わったが、4回に内野安打で連続試合安打記録を事故最長の「11」に伸ばした。さらに6回には中前安打で今季32度目のマルチ安打を決めると、8回に右翼線への適時二塁打で今季8度目の猛打賞とした。    5回に2点を先制されたエンゼルスは相手投手陣を捉えられず、無得点のまま7回 ... 続きを見る


大谷翔平、第4打席で適時二塁打! ヘルメット飛ばしながら右翼線破り今季8度目猛打賞

2019/08/21

 ロサンゼルス・エンゼルスは20日(日本時間21日)、敵地でテキサス・レンジャーズと対戦。「3番・指名打者」の大谷翔平投手が第4打席で右翼線に適時二塁打を放ち、猛打賞を記録した。    大谷は第1打席こそ遊ゴロに倒れたものの、4回の第2打席で内野安打、6回の第3打席では中前に抜ける安打で今季32度目のマルチ安打を記録していた。    第4打席は2点を追いかける8回表2死一、二塁とチャンスの場面。内角低めの変化球を右手一本で拾うと、打球は右翼線を破る適時二塁打となった。スイングの際にはヘルメットが脱げながら、しっかりと芯でボールを捉えた大谷はこれで猛打賞。期待に応える活躍を見 ... 続きを見る


大谷翔平、第3打席は中前安打! 8月打率.359で早くも7月の安打数に並ぶ

2019/08/21

 ロサンゼルス・エンゼルスは20日(日本時間21日)、敵地でテキサス・レンジャーズと対戦。「3番・指名打者」で先発出場した大谷翔平投手が第2打席、第3打席と安打を放った。    大谷の第1打席は敵のシフトにかかり、遊ゴロとなったが、4回の第2打席で俊足を飛ばして内野安打。自身最長記録を更新する、11試合連続安打としていた。    第3打席は6回表2死無走者。カウント2-0からの3球目を叩くと、鋭いライナーが中前に弾んだ。好調を維持する8月の打率は.359となり、7試合を残しながら、7月に自身が記録した安打数「23」に並んだ。    大谷の今季のマルチ安打はこれで3 ... 続きを見る


大谷翔平、第2打席に内野安打! 鋭い当たりと俊足で魅せた11試合連続安打!

2019/08/21

 ロサンゼルス・エンゼルスは20日(日本時間21日)、敵地でテキサスレンジャーズと対戦。大谷翔平投手は「3番・指名打者」で先発出場し、第2打席に内野安打を放った。    第1打席は、MLB初登板となる相手先発左腕のブロック・バーク投手と対戦。2死無走者から、2球ボールを選び、2球ファウルでカウント2-2とすると、最後は投手の足元を抜くゴロ。しかし、これがシフトの網にかかり、遊ゴロとなってしまった。    第2打席は4回表の先頭打者として打席に入ると、ボール1球とファウル2球で追い込まれる。しかしここからさらにファウルで粘り、7球目を捉えて遊撃定位置周辺への鋭い当たりを放った ... 続きを見る


止まらない大谷翔平、第2打席は右前安打! 3試合連続でマルチ安打を記録!

2019/08/16

 ロサンゼルス・エンゼルスは15日(日本時間16日)、本拠地でシカゴ・ホワイトソックスと対戦。大谷翔平投手が「3番・指名打者」で先発出場している。左中間に二塁打を放った第1打席に続き、第2打席でも右前安打を放った。    第2打席は3回裏、マイク・トラウト外野手の今季40号ソロ本塁打に続いて打席に入った。初球は内角に98マイル(約158キロ)の速球が外れて1ボール。腰を引いたが、直後の外角に投じられた88マイル(約142キロ)のチェンジアップに崩されず、右前に運んだ。    エンゼルスは後続が倒れ、大谷の出塁は得点には結びつかなかった。    この日の第1打席で左 ... 続きを見る


カブス・ダルビッシュ有、7回無失点10奪三振で5勝目の権利! 試合は5点リードで最終盤へ

2019/08/16

 シカゴ・カブスは15日(日本時間16日)、フィラデルフィア・フィリーズと対戦。ダルビッシュ有投手が先発登板し、7回まで10個の三振を奪うなど、圧巻の無失点投球を披露した。カブスは5点をリードしており、このまま勝利すればダルビッシュは今季5勝目となる。    初回のダルビッシュは空振り三振を奪うなど無失点。1死球を与えたものの、順調な立ち上がりを見せた。2回を3者凡退、3回はこの日初安打を許しながら4人でゼロに抑えた。4回は先頭のJ.T.リアルミュート捕手に二塁打を浴びながら、後続をきっちり断ち無失点。ピンチを切り抜けてみせた。    5回は1死から死球を与え、さらに安打で ... 続きを見る


ダルビッシュ有、強力フィリーズ打線相手に4回まで無四球無失点快投! 5勝目なるか

2019/08/16

 シカゴ・カブスは15日(日本時間16日)、フィラデルフィア・フィリーズと対戦。ダルビッシュ有投手が先発登板し、4回まで被安打2、無四球、奪三振5、無失点の見事な投球を披露している。試合は5回に入り、5‐0でカブスがリードしている。    ダルビッシュは5勝目をかけ、今季25試合目に登板。好調な打撃も加味し、「8番・投手」での出場となった。    初回は先頭のリース・ホスキンス内野手からカットボールで空振り三振を奪うなど、上位打線を退ける上々の立ち上がり。一邪飛を2つ打たせるなど、球威で押していった。    2回はジーン・セグーラ内野手から始まる打順を中飛、中直、 ... 続きを見る


大谷翔平、4打数無安打1三振で今季打率は.283に エンゼルスもリリーフ炎上で8月初勝利遠のく

2019/08/10

 ロサンゼルス・エンゼルスは9日(日本時間10日)、ボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手は「3番・指名打者」で先発出場し、4打数無安打1三振だった。試合は4-16でエンゼルスが大敗、8連敗で8月は未だ勝利なしとなっている。    大谷は第1打席は左飛、第2打席は二ゴロ、第3打席は遊ゴロで、いずれもしっかり捉えながらも安打となっていなかった。4打席目は8点ビハインドの8回表2死無走者で、初球をファウル。2球目もファウル、3、4球目はしっかり見極めてボールとすると、最後はカーブを沈められ空振り三振。4球続いた直球の後の変化球に対応しきれなかった。    大谷は4打数無安 ... 続きを見る


カブス・ダルビッシュ有、さらに2本のソロ被弾で6回4失点降板 親友同士の投げ合いはバウアーに軍配 

2019/08/10

 シカゴ・カブスは9日(日本時間10日)、シンシナティ・レッズと対戦。ダルビッシュ有投手が先発登板し、6回まで投げて4失点(自責点4)でマウンドを降りた。レッズ先発のトレバー・バウアー投手は好投を見せ、7回1失点。移籍後初勝利の権利を手にしている。    ダルビッシュは初回、3者連続三振の抜群の立ち上がり。ジョーイ・ボットー内野手ら、実績のある打者たちをわずか10球で料理した。しかし2回、先頭を出すと続くアリスティディス・アキノ外野手に逆転2点本塁打を献上。その後は無失点に切り抜け、3回も三者凡退に仕留めてみせた。    3回まで2失点と我慢の投球のダルビッシュ。踏ん張りた ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平、第3打席は遊ゴロ 再び捉えた当たりも野手の正面、試合はビハインドで終盤に入る

2019/08/10

 ロサンゼルス・エンゼルスは9日(日本時間10日)、ボストン・レッドソックスと対戦。大谷翔平投手が「3番・指名打者」で先発出場しており、第3打席は遊ゴロに倒れた。第1打席は左飛、第2打席は二ゴロに終わっていた。    大谷は初回、二塁にマイク・トラウト外野手を置く先制のチャンスで第1打席を迎え、フルカウントまで粘るも左飛に終わった。第2打席は3回1死一塁で、初球を捉えるも二ゴロ。相手のファインプレーに阻まれた。塁上に残った大谷は二盗を仕掛けるが、ここはタッチアウト。波に乗れない展開が続いた。    第3打席は6回表2死無走者。反撃の糸口見つけたい場面での打席となった。初球は ... 続きを見る


ダルビッシュ有、初回三者三振も2回に逆転2ラン被弾など3回2失点 5勝目かけバウアーとの投げ合い続く

2019/08/10

 シカゴ・カブスは9日(日本時間10日)、敵地でシンシナティ・レッズと対戦。ダルビッシュ有投手が先発登板し、回まで失点の投球を見せている。相手先発は先日レッズにトレード加入したトレバー・バウアー投手で、ダルビッシュとは投球理論を話し合うなど親しい間柄だ。    ダルビッシュは初回のレッズ打線を圧倒。先頭を空振り三振に仕留めると、2番の好打者ジョーイ・ボットー内野手は90マイル(約144キロ)のスプリットを外角に沈めて3球で三振に斬った。さらに3番はカットボールで空振り三振とし、初回は10球で3つの三振を奪う立ち上がりを見せた。    2回は先頭に二塁打を許し、アリスティディ ... 続きを見る


大谷翔平は代打出場で四球選ぶも得点に結びつかず 今季打率は.286で変わらず 

2019/08/07

 ロサンゼルス・エンゼルスは6日(日本時間7日)、シンシナティ・レッズと対戦。大谷翔平投手はベンチスタートで、8回表に代打出場し、四球だった。今季の打率はとなっている。試合は4‐7とエンゼルスの3点ビハインドで最終盤に入っている。    初回に3点ずつ取り合う荒れた展開から、4回裏にレッズが3点を奪い勝ち越し。エンゼルスは5回にマイク・トラウト外野手が今季38号となるソロ本塁打で追撃するが、6回にも1点を失い4‐7とビハインドで終盤に入った。    雨による中断をはさみ、大谷が出場したのは8回表2死一、二塁と一発出れば同点の場面。カウント3‐1から浮いた直球を冷静に見極めて ... 続きを見る


エンゼルス・トラウト38号でア・リーグ本塁打王独走態勢 大谷は8回まで出場なし、試合は雨天中断に

2019/08/07

 ロサンゼルス・エンゼルスは6日(日本時間7日)、敵地でシンシナティ・レッズと対戦。3番・中堅手のマイク・トラウト選手が今季38号のソロ本塁打を放つも、4-7とリードを奪われたまま8回に雨天のため試合が中断されている。ベンチスタートの大谷翔平投手はここまで出場していない。    試合は初回、エンゼルスが4番ジャスティン・アップトン外野手の3点本塁打で先制。主導権を握ったかと思われたが、レッズが裏に即座に反撃し、同点に持ち込んだ。4回裏にはレッズ打線が3点を奪って勝ち越しに成功。    5回表のエンゼルスの攻撃は2死無走者からトラウトが中堅への特大のソロ本塁打。完ぺきな当たり ... 続きを見る


エンゼルス・大谷翔平はベンチスタート 終盤の勝負所で代打出場も

2019/08/07

 ロサンゼルス・エンゼルスは6日(日本時間7日)、シンシナティ・レッズと対戦。大谷翔平投手はベンチスタートとなっている。    レッズとのカードはナショナル・リーグとの交流戦のため指名打者なしのルールで、守備につかない大谷は2日連続のベンチスタートとなった。エンゼルス先発は21歳のホセ・スアレス投手で、今季メジャーデビューした期待の左腕。ここまで9試合に先発して投球回数は41回1/3(平均4.53回)となっており、継投策の可能性が高い。    その中で、大谷をどの場面で起用するか。試合を左右する、指揮官の腕の見せ所となりそうだ。   スターティングメンバーは以下の ... 続きを見る


ドジャース・ベリンジャーが通算100号! 今季36号でトラウト、イェリッチのMLB1位に並ぶ

2019/08/03

 ロサンゼルス・ドジャースは2日(日本時間3日)、本拠地ドジャー・スタジアムでサンディエゴ・パドレスと対戦。4回裏にコディ・ベリンジャー外野手が今季36号、自身通算100号となる2ラン本塁打を放った。今季MLBの本塁打ランキングではマイク・トラウト外野手、クリスチャン・イェリッチ外野手に並んで1位に返り咲いた。    試合はパドレスが2回に1点を先制。その後無得点の展開も、4回裏にはベリンジャーがこの日の2打席目を迎えた。2死でマックス・マンシー内野手を一塁に置き、ボールカウントは2ボール1ストライク。4球目、93マイルの直球を捉えて右翼席に逆転2ラン本塁打を叩き込んで見せた。 &n ... 続きを見る


菊池雄星、今季23試合目は4回までに4発被弾 4回6失点と厳しい展開に

2019/08/03

 シアトル・マリナーズは2日(日本時間3日)、敵地でヒューストン・アストロズと対戦。菊池雄星投手が先発登板し、4回を投げ終えて被安打9、被本塁打4、6失点(自責点6)と苦しい展開となっている。    初回の菊池は先頭のジョージ・スプリンガー外野手に中前安打を許すも、2番から4番まで抑えて無失点の滑り出しをみせた。    しかし2回、5番・DHに入るルーキーのヨルダン・アルバレス内野手に中堅への痛烈な先制ソロ本塁打を被弾。1死を奪うも安打で出塁を許し、2死一塁から打席には9番ジェイク・マリスニック外野手を迎えた。カウント2-2と追い込みながら、最後はインコースにわずかに甘く入 ... 続きを見る





  • 記者募集