プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【日本シリーズ2022】ヤクルト対オリックス 第1戦テキスト速報 試合結果はこちらから

2022/10/22

text By

photo

産経新聞社



日本シリーズ2022 テキスト速報

「SMBC日本シリーズ2022」(明治神宮野球場、京セラドーム大阪)が22日より開幕。今シーズンの日本一を賭け、セ・リーグ王者・東京ヤクルトスワローズとパ・リーグ王者・オリックス・バファローズが激突する。ここでは試合のテキスト速報をお届けする。

 

 

テキスト速報

オ 020 000 010 |3
ヤ 201 100 01× |5

スタメン発表

オリックス
先発メンバー

1番(中)福田周平、2番(三)宗佑磨、3番(一)中川圭太、4番(左)吉田正尚、5番(右)杉本裕太郎、6番(二)西野真弘、7番(捕)若月健矢、8番(遊)紅林弘太郎、9番(投)山本由伸

ヤクルト
先発メンバー

1番(中)塩見泰隆、2番(左)山崎晃大朗、3番(二)山田哲人、4番(三)村上宗隆、5番(一)ホセ・オスナ、6番(捕)中村悠平、7番(右)ドミンゴ・サンタナ、8番(遊)長岡秀樹、9番(投)小川泰弘

1回表

投手:小川

ヤクルト先発小川の立ち上がり。先頭の福田を二ゴロに抑えると、2番宗は詰まらせて右飛。中川圭も遊ゴロに打ち取り、速球主体のピッチングで初回を三者凡退で終えた。

 

 

1回裏

投手:山本

オリックス山本の立ち上がり。ヤクルトは先頭塩見が初球を強振しレフト前ヒットで出塁。2番山崎は空三振に倒れるも、その間に塩見が盗塁で二塁へ。山田は3球三振で2死となったが、村上が四球を選びチャンスを広げると、続くオスナが三塁線を破る2点二塁打でヤクルトが先制した。

2回表

投手:小川

オリックスは先頭の吉田正がボールを見極め四球で出塁。杉本は良い当たりもライト正面のライナーに倒れる。しかし、続く西野は一二塁間を破ってチーム初安打、若月も連打で続き満塁の絶好機が訪れる。ここで紅林が逆方向へ弾き返し、3連打で1点を返した。さらに2死から福田が四球をもぎ取り押し出しで同点とした。

2回裏

投手:山本

同点としてもらった直後の山本は、サンタナを空三振に仕留めて1死。続く長岡の当たりは右翼フェンスぎりぎりまで飛ぶひやりとする打球。それでも小川を中飛に打ち取り、3人で退けた。

3回表

投手:小川

立ち直りたい小川は、上位打線との2巡目の対戦。中川圭にはいい当たりを許すも左飛として先頭を打ち取る。続く吉田にも鋭い打球を打たれるが、二塁手・山田の好守備で2死。杉本は遊飛に抑えて三者凡退とした。

3回裏

投手:山本

ヤクルトは1番塩見から始まる好打順。その塩見は追い込まれてからの4球目、山本の速球をフルスイングすると、左中間スタンドに到達し、日本シリーズ第1号のソロ本塁打となった。勝ち越しを許した山本だが、後続の2~4番を3人で斬り、追加点は許さなかった。

1 2 3 4