データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:西東京大会

【高校野球】西東京大会、東海大菅生が粘りの逆転勝ちで佼成学園下す 10日の東西決戦へ

2020/08/07

 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会西東京大会の決勝戦が7日、ダイワハウススタジアム八王子で行われ、東海大菅生が佼成学園を4-3で下した。また、東海大菅生は8月10日に行われる東西決戦で東東京大会の優勝校と対戦する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    試合は3回表に、佼成学園が1点を先制すると、東海大菅生もその裏反撃し、すぐさま同点に。6回に佼成学園が1点をリードする展開となるも、8回に再び同点。9回に両チーム1点ずつ取り合い、試合は延長戦へともつれ込んだ。延長10回、東海大菅生は1死二塁の場面で、5番堀町 ... 続きを見る


【全国高校野球】日大三、劇的サヨナラ弾で春夏連続甲子園! 4番・大塚が死闘に決着

2018/07/30

 第100回全国高校野球選手権記念大会西東京大会は30日、明治神宮野球場で決勝戦が行われ、日大三が日大鶴ケ丘を5-3で制して優勝、5年ぶり17回目の夏の甲子園出場を決めた。    日大三は初回に2点を先制したが、直後に日大鶴ケ丘が2点を取り返し同点。その後1点ずつを取り合い、日大三の中村奎太と河村唯人、そして日大鶴ケ丘の勝又温史による息詰まる投手戦は、8回まで3-3の同点で9回に突入した。    そして、9回裏の日大三の攻撃、走者1人を置いて打席に立ったのは4番の大塚晃平。大塚は、勝又のこの日154球目を捉えると、打球は大きな放物線を描いてレフトスタンドに飛び込むサヨナラ2 ... 続きを見る


【西東京】早実、八王子を破り2年ぶり決勝進出 清宮に最多タイ107号が飛び出す

2017/07/28

 早実が28日に神宮球場で行われた第99回全国高校野球選手権西東京大会の準決勝の八王子戦に4-1で勝利。2年ぶりの決勝進出を決めた。    この日プロ注目の清宮は「3番・一塁」で先発出場。初回は先制のチャンスで二ゴロに打ち取られるも進塁打。その後、早実は相手のバッテリーミスで1点を先制する。    清宮の第2打席は四球で出塁すると、続く野村の打席でエンドラン成功。左中間への鋭い当たりで一塁から激走。一気に生還し2点目のホームを踏む。    早実は3回裏に満塁から暴投で八王子に1点を返されるが、その後は両チーム走者を出すも得点を取れない展開が続く。     ... 続きを見る




  • 記者募集