データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:東東京

【甲子園速報】履正社、初4強で準決勝は明石商との地元対決 関東一が敗れ関東勢は全滅

2019/08/18

<第12日 第4試合 準々決勝 ○履正社 7―3 関東一●>(18日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は18日に12日目を迎え、第4試合では地元関西の履正社(大阪)と東東京代表・関東一の対戦。履正社が中盤に逆転し、7-3で関東一を下した。履正社は20日に行われる準決勝第1試合で、明石商(兵庫)と対戦する。    初回、関東一は履正社のエース・清水大成(3年)の立ち上がりを捉え1死一、二塁のチャンスを作ると、4番・平泉遼馬(3年)が左翼スタンドへ豪快な一発を放ち、3点を先制する。    一方、3点ビハインドの履正社は、序盤に井上広大(3年)の ... 続きを見る


【甲子園速報】関東一、平川嶺のサヨナラ打でベスト8進出決定! 鶴岡東は延長まで耐えるも力尽きる

2019/08/17

<第11日 第4試合 3回戦 ○関東一 7―6 鶴岡東●>(17日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は17日に11日目を迎え、第4試合は関東一(東東京)と鶴岡東(山形)が対戦。11回裏に関東一が平川嶺(3年)のサヨナラ適時打で勝利した。    関東一の先発は谷幸之助(3年)。1回戦ではリリーフ登板して、5回を1失点(自責点0)、2回戦は登板がなかった。一方の鶴岡東は、1回戦、2回戦も先発して好投した影山雄貴(3年)。好投手同士のマッチアップとなったが、序盤から点を取り合う展開となった。    1回表の鶴岡東は内野ゴロ3つであっさりと三者凡退 ... 続きを見る


関東一「1点勝っていれば」勝ち。相手の4失策を全て得点に 指揮官「我慢」の無失策を労う【全国高校野球】

2019/08/14

2試合で失策「1」。打たれても、守備はほころばず <第9日 第3試合 2回戦 ○関東一 6―5 熊本工●>(14日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第3試合では関東一(東東京)と熊本工(熊本)が対戦。関東一が熊本の追撃をかわして4年ぶりの3回戦進出を果たした。    勝負を分けたのは守備力の差だった。試合後、スコアボードの右端の数字は熊本工が「4」、関東一には「0」が刻まれた。    先制点は関東一。3回2死一、二塁から4番・平泉遼馬(3年)の三塁への打球をさばいた熊本工・森翔太郎(2年)が悪送球し、その間に二塁走者 ... 続きを見る


【甲子園速報】関東一、エース土屋大和が127球完投!4年ぶり3回戦進出 熊本工は終盤の怒涛の追い上げ実らず

2019/08/14

追い上げられるも直後に貴重な犠飛で逃げ切る <第9日 第3試合 2回戦 ○関東一 6―5 熊本工●>(14日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は14日に9日目を迎え、第3試合では関東一(東東京)と熊本工(熊本)が対戦。関東一が熊本の追撃をかわして4年ぶりの3回戦進出を果たした。    関東一の土屋大和(3年)と熊本工の林彪太郎(3年)の両エースによる投げ合いで始まった試合は、序盤2回まで両チーム無得点。試合前には雨が止み、上空には晴れ間がのぞく中で静かなスタートを切った。    先に均衡を破ったのは関東一だった。3回、先頭から2者連続で四球 ... 続きを見る


『投球数制限ルール』に揺れた新潟。日本文理・長谷川優也は敗戦も継投重視の方針に手ごたえ「夏につながった」【全国高校野球】

2019/08/10

<第5日 第1試合 1回戦 〇関東一 10―6 日本文理●>(10日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は10日に5日目を迎え、第1試合では日本文理(新潟)が関東一(東東京)に6-10で敗れた。    新潟県の高校野球連盟は、昨年12月に、投手1人の投球数を「1試合当たり100球」とするルールを提言。しかし、賛否両論が渦巻く中で、結果的には撤回する形となっていた。    ただ、このルールが提言された時点から、日本文理は投球数に制限がある想定での練習を開始。エースの南隼人(3年)の故障も重なり、投手陣全体での継投を前提としてチームを作ってきた。 ... 続きを見る


関東一・米沢監督「守り勝った」中盤以降の堅守労う 光った再三の“攻め”「カバーするのが守備」【全国高校野球】

2019/08/10

バックスクリーン弾の4番・平泉「チームに流れを持ってきたかった」   <第5日 第1試合 1回戦 ○関東一 10―6 日本文理●>(10日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は10日に5日目を迎え、第1試合では日本文理(新潟)と関東一(東東京)が対戦し、関東一が15安打10得点の猛打を発揮して4年ぶりの初戦突破を果たした。    関東一は0-2と2点を追う3回、4番の平泉遼馬(3年)がバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打を放つと、この回一挙4得点し逆転。直後に再逆転を許したが、4回に平泉と野口洋介(3年)の適時打で6-5と再々逆転に成功した。 ... 続きを見る


関東一、日本文理との壮絶シーソーゲーム制す 平泉遼馬の豪快弾含む10得点&谷幸之助が好救援【全国高校野球】

2019/08/10

序盤から打ち合い!リードが3度入れ替わる   <第5日 第1試合 1回戦 ○関東一 10―6 日本文理●>(10日、阪神甲子園球場)    第101回全国高校野球選手権大会は10日に5日目を迎え、第1試合では日本文理(新潟)と関東一(東東京)が対戦し、関東一が3度リードが入れ替わるシーソーゲームを制して初戦突破を果たした。    新潟大会(6試合)のチーム打率が.413の日本文理は初回、関東一の先発・土屋大和(3年)を攻め立て安打、野選、四球で満塁とすると、エース右腕の5番・南隼人(3年)の中前適時打で幸先良く1点を先制。3回にも2死二塁から南の2打席連続適時打で ... 続きを見る




  • 記者募集