データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】夏初出場の京都国際、延長戦の激闘制しベスト8一番乗り! 二松学舎大付属は土壇場で追いつくも一歩及ばず(11日目・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/24

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<11日目 第1試合 3回戦 ●二松学舎大付 4ー6 京都国際○>(24日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は24日、阪神甲子園球場で第11日を迎え、第1試合で二松学舎大付(東東京)と京都国際(京都)が対戦。延長戦までもつれた試合は、6-4で京都国際が勝利し、一番乗りで準々決勝進出を決めた。

 二松学舎大付は秋山正雲、京都国際は森下瑠大、両エースが先発。初戦をともに完封勝利で飾った好左腕同士の投げ合いとなった。
 
 先手を取ったのは。二松学舎大付だった。初回、森下の立ち上がりを攻め、先頭の永見恵多が二塁打でチャンスメイク。連続三振で2死となったが、4番・関遼輔のタイムリーヒットで幸先良く先制した。
 
 対する京都国際は、中盤に秋山を捉える。5回、好投を続ける6番・森下がレフトスタンドへのソロホームラン。同点に追いつくと、6回には1死一塁から3番・中川勇斗、4番・辻井心に連続本塁打が飛び出し、3得点で逆転に成功した。
 
 京都国際・森下は、初回こそ失点したものの、2回以降はほぼ完璧な投球内容。7回終了時点で、初戦の前橋育英戦に並ぶ2桁10奪三振を記録した。対する二松学舎大付・秋山も粘りのピッチングを見せ、ダメ押し点は許さない。
 
 3点差のまま迎えた9回、後がない二松学舎大付だったが、1死二、三塁のチャンスを作り、7番・桜井虎太郎が甘く入った変化球を振り抜いた。打球はレフトスタンドに飛び込む起死回生の同点3ラン。土壇場で試合を振り出しに戻し、今大会初の延長戦に突入した。
 
 追いつかれた京都国際は延長10回、2死一塁から6番・森下がレフトオーバーのタイムリーを放ち、中継がもたつく間に森下も一気にホームへ生還。自らのバットで2点を勝ち越し、その裏のマウンドへ。最後は三者凡退で締め、2試合連続の完投勝利を挙げた。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集