大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » 斉藤和巳

タグ:斉藤和巳の記事一覧

「太く短く」…最大瞬間風速がすごかった5人。短命でも圧巻の成績を残した投手たち

2024/01/18

ソフトバンク・斉藤和巳(左)と中日・浅尾拓也

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  プロ野球の世界では、長く安定した成績を残し続ける選手もいれば、太く短く圧倒的な成績を残し、ファンの記憶にその活躍を刻む選手たちもいる。今回はその後者にあたる選手の中で、とりわけ活躍が印象深い投手たちにフォーカスを当てて紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   権藤博(ごんどうひろし) 投打:右投右打 身長/体重:177センチ/73キロ 生年月日:1938年12月2日 経歴:鳥栖高-ブリヂストンタイヤ-中日ドラゴンズ(1961-1968年) ○最優秀防御率:1回(1961年) ... 続きを見る


故障さえなければ…歴代“ガラスのエース”5人。けがに泣かされた一流投手たち

2023/08/09

プロ野球 最新情報(最新ニュース)  プロ野球の世界には、いつの時代にも離脱さえしなければ球界を代表する選手であろうという「ガラスの天才」がいる。特に投手においては、肩や肘の故障により、誰もが認めるポテンシャルを持ちながら、本来の投球ができない悲運な投手が数多く存在する。今回はガラスのエースを5人紹介する。(歴代投手編)   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   斉藤和巳  ダイエー、ソフトバンクの絶対的エースとして君臨し、2003年には日本一原動力となった斉藤和巳。南京都(現・京都廣学館)高からドラフト1位で指名された斉藤は、プロ2年目に一軍デ ... 続きを見る


これが“勝ち運”? 白星に恵まれた投手5人。高いシーズン勝率を誇った選手たち

2023/04/04

プロ野球(NPB) 最新情報(最新ニュース)  「最多勝利」のタイトルが制定されているように、投手にとって「勝利数」は重要な数字だ。だが、自身の投球以外の部分にも大きく左右されるものでもあり、勝ち星を掴むには少なからず“運”も必要な要素となる。ここでは、過去に“勝ち運”に恵まれた投手5人を紹介する。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。   斉藤和巳 ■2004年 10勝7敗、防御率6.26    前年は圧倒的な成績を残し、投手3冠(防御率・勝利・勝率)、沢村賞にも輝くなど大きく飛躍を遂げた斉藤和巳。充実のシーズンを経て、2004年を迎 ... 続きを見る


福岡ソフトバンクホークス、歴代開幕投手一覧<2005年以降>

2023/02/28

プロ野球最新情報  いよいよ開幕を迎えるプロ野球。“特別な試合”と“あくまでも143分の1“の意味合いで見解の分かれる開幕戦だが、勝敗の鍵を握る開幕投手の役割は、長いシーズンにおいても重要な意味をもつ。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。    ソフトバンクの2005年シーズン以降の開幕投手は以下の通り。   2005年 和田毅(初) ○7回2/3 1失点   2006年 斉藤和巳(2年ぶり3度目) ○8回 2失点   2007年 斉藤和巳(2年連続4度目) 6回1/3 4失点   2008年 杉内俊哉( ... 続きを見る


福岡PayPayドーム(福岡ドーム)で最も勝った投手は? 球場別通算勝利数ランキング1〜5位【プロ野球通算成績】

2022/04/21

プロ野球最新情報  野球の見方の一つに、選手個人と球場の相性というものがある。ビジターであれば、対戦球団が苦手なだけという場合もあるが、選手によっては、球場の得手不得手というものもあるようである。   今シーズンのプロ野球はDAZNで! いつでもどこでも簡単視聴    ここでは、球場別の個人成績にフォーカスし、部門別にランキング形式で紹介していく。上位選手を見ることで各球場の「顔」を確認していこう。今回は福岡PayPayドーム・通算勝利編(2021年終了時点)。 球場情報:福岡PayPayドーム 正式球場名:福岡ドーム 開場年月:1993年4月 球場の広さ:両翼100m、中 ... 続きを見る


超一流選手なのに引き立て役? 記憶に残る「伝説の名場面」の相手役5選

2022/02/04

 プロ野球史に残るシーンというのは何度見ても良いものだ。中でも、何度もメディアで取り上げられる「伝説の名場面」は、ファンの脳裏にすっかり焼き付いていることだろう。そんな擦り切れるほど観た映像の中には、主役とともに必ず相手役が存在する。そんな相手役をここではクローズアップしたい。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   松坂大輔対片岡篤史 “平成の怪物”デビュー戦、衝撃の155キロ 1999年4月7日(東京ドーム) 日本ハム対西武 1回裏2死走者なし  当時を知らないファンにとっても、今オフは松坂の現役引退に際して、その映 ... 続きを見る


“神の子”田中将大は日米通算でも歴代2位相当。NPB通算勝率ランキング、現役最高は同僚・岸孝之

2021/02/12

 東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が8年ぶりに日本球界に復帰した。田中といえば、当時の楽天監督・野村克也氏に“神の子”と評され、ルーキー時代から勝利を引き寄せる投球が持ち味だった。ギネス世界記録にも認定された「1レギュラーシーズン24連勝」、「レギュラーシーズン28連勝」「(ポストシーズンも含めた)30連勝」など、数多くの伝説を残した右腕について、今回は「通算勝率」にフォーカスしてみたい。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!   田中将大の成績  まずは、田中の通算勝率を振り返ってみよう。   田中将 ... 続きを見る


田中将大、シーズン24勝0敗1セーブの軌跡。連勝記録はギネス世界記録にも認定――NPB歴代1位記録の詳細を振り返る【プロ野球史を振り返る】

2020/05/24

 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月半ば以降の開幕を目指すプロ野球。試合数減となれば「数」の記録の更新が難しくなる一方で、「率」の記録においては、新記録が生まれる可能性もある。   今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!    2000年以降、更新が難しいと考えられてきた記録が次々と塗り替えられてきた。イチローの210安打はマット・マートンが塗り替え、王貞治らの55本塁打はウラディミール・バレンティンが抜き去り60本の大台に乗せた。現役選手の中にも、「NPB記録」を保持する選手が数多く存在する。    今回も、歴代 ... 続きを見る


下剋上がもたらす興奮、スリル満点のゲーム展開……名勝負を生み続けるクライマックスシリーズ

2014/10/11

ついにポストシーズンへと突入するプロ野球。10月11日から、セ・リーグは阪神対広島、パ・リーグはオリックス対日本ハムのカードで、クライマックスシリーズ(CS)がスタートする。前身となったプレーオフ制度から数えて、今季で11度目の開催となるCS。勝ち上がり方式の短期決戦ゆえに生まれた名勝負、想像を超えたドラマを振り返る。... 続きを見る