データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:招待選手

【MLB】中後悠平は2Aで開幕。テネシーの地からMLB昇格を目指す

2017/04/04

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの2Aのマイナーリーグチームのジャクソン・ジェネラルズ(テネシー州)は3日、6日に行われる開幕戦のロースターを発表した。昨季から米国挑戦し、マイナー契約からメジャーリーグ昇格を目指す中後悠平は2Aからのスタートとなった。    昨季は3Aで13試合に登板。10回2/3を投げ、防御率0.00、3四球、13三振と素晴らしい成績を残した。    今季はダイヤモンドバックスのスプリングトレーニングに招待されたが、3月初旬にマイナーキャンプ行きが発表された。昨季は2Aを飛ばして3Aに昇格したので、2Aの舞台で戦うのは初めてということになる。   ... 続きを見る


マリナーズ、先発投手補強で岩隈ら4枚盤石。地区Vへハニガーら若手有望株の台頭にも期待【チーム分析・キャンプ編】

2017/02/20

 昨シーズンは86勝76敗でアメリカン・リーグ西地区の2位となったシアトル・マリナーズ。今季は2001年以来の地区優勝とチーム史上初のワールドシリーズ進出を目指す。    先発陣は昨シーズンに比べて大きく変わった。フェリックス・ヘルナンデス投手、岩隈久志投手の2枚看板は変わらずだが、タンパベイ・レイズからドリュー・スマイリー投手をトレードで獲得。スマイリーはWBC米国代表にも選ばれた左腕だ。    また、ボルティモア・オリオールズからはヨバニ・ガヤード投手をセス・スミス外野手とのトレードで補強。直近8シーズンで99勝を挙げているガヤードもまた、WBCのメキシコ代表に選出され ... 続きを見る


Dバックス、“最も魅力的な招待選手”中後は初昇格なるか。先発陣復活なら地区V争いも【MLBチーム分析・キャンプ編】

2017/02/17

 2016年シーズンはナショナル・リーグ西地区で最下位のサンディエゴ・パドレスと1ゲーム差で4位に踏みとどまったアリゾナ・ダイヤモンドバックス。開幕前に超高額でロサンゼルス・ドジャースから獲得したザック・グレインキー投手、アトランタ・ブレーブスから獲得したシェルビー・ミラー投手がまさかの絶不調で投壊した結果、大方の予想を覆す借金24でシーズンを終了した。    先発陣はシアトル・マリナーズからタイワン・ウォーカーを補強。特に放出などはなく、昨季のローテーションにウォーカーが加わることとなった。抑えには通算261セーブのベテラン右腕フェルナンド・ロドニー投手を獲得。昨季途中でボストン・ ... 続きを見る


上原加入のカブス、豪華先発陣は今季も健在。野手も伸び盛りの若手多く、連覇へ視界良好【MLBチーム分析・キャンプ編】

2017/02/17

 昨季、108年ぶりにワールドシリーズを制覇したシカゴ・カブス。同シリーズではクリーブランド・インディアンスに1勝3敗と追い込まれたが、3連勝で逆転制覇を果たした。今季も世界一に向け、充実した戦力でシーズンを迎える。    注目は強力先発陣だ。ジェイソン・ハメル投手はカンザスシティ・ロイヤルズに移籍したが、ジョン・レスター投手を始め、ジェイク・アリエタ投手、カイル・ヘンドリックス投手は15勝以上をマークした。また、ジョン・ラッキー投手も11勝を上げている。この4人が健在であるため、今季もメジャー屈指のローテーションを構築することになりそうだ。    ブルペン陣は、守護神であ ... 続きを見る


レッドソックス、剛腕セール補強でMLB最強先発3本柱!ベテランと若手融合し世界一奪還へ【MLBチーム分析・キャンプ編】

2017/02/16

 昨シーズンは激戦のアメリカン・リーグ東地区を制し、2013年以来の世界一を期待されたボストン・レッドソックスだが、地区シリーズでクリーブランド・インディアンスに3連敗。リーグ優勝すら逃してしまった。    しかし、オフには昨シーズン233奪三振を記録し17勝を挙げたクリス・セール投手をシカゴ・ホワイトソックスから補強。昨シーズン22勝を挙げ、サイ・ヤング賞に輝いたリック・ポーセロ投手、3年連続で15勝以上を記録しているデービッド・プライス投手と組む先発3本柱はMLBでも最強クラスだ。    一方で野手は、昨シーズンのMVP投票2位に輝いたムーキー・ベッツ外野手、WBCオラ ... 続きを見る


ヤンキース、エース田中を筆頭にチーム再建へ。若手有望株集結で育成と結果の両立目指す【MLBチーム分析・キャンプ編】

2017/02/16

 昨季は地区4位に沈んだ名門、ニューヨーク・ヤンキース。しかし、多数の主力選手を放出した見返りに若手有望株を獲得し、チームの若返りに成功した。    打線の主力であったカルロス・ベルトラン外野手、先発は8月までに7勝を上げていたイバン・ノバ投手、ブルペン陣ではアンドリュー・ミラー投手、アロルディス・チャップマン投手(シーズン後にFAとなり再契約)らがチームを去り、マーク・テシェイラ内野手、昨季は主に指名打者として出場したアレックス・ロドリゲスといったベテランが引退した。    そのため、今季は若手選手が中心となる育成のシーズンとなりそうだ。    先発陣は、田中将 ... 続きを見る


アストロズ、青木はリードオフマン最有力候補。打線充実、投手陣は先発2枚看板復活がカギ【MLBチーム分析&キャンプ編】

2017/02/15

 昨季はアメリカン・リーグ西地区3位に終わったヒューストン・アストロズ。    先発投手陣が軒並み不調、野手陣もリーグワースト2位の三振数を記録するなど、安定感に欠ける内容であった。また、今オフには多くの野手がFAとなるため、勝負の年となる。    野手陣はジョージ・スプリンガー外野手、ホセ・アルトゥーベ内野手、カルロス・コレア内野手などが中心となり、破壊力抜群の打線を形成していた。    しかし、主力が右打者に偏っており、左打ちの打者が不足していた。そこで、オフには青木宣親外野手を始め、指名打者のカルロス・ベルトラン、ブライアン・マッキャン捕手、ジョシュ・レディ ... 続きを見る


前田、カーショウらタレント揃いのドジャース。29年ぶり世界一へ【MLBチーム分析・キャンプ編】

2017/02/14

 4年連続地区優勝を果たし、黄金時代を築きつつあるロサンゼルス・ドジャースは1988年以来のワールドシリーズ制覇を目指す。そのためにもスプリング・トレーニングから調整を重ね、万全の体制でシーズンに臨むことが不可欠だ。    アリゾナで行われるスプリング・トレーニングには31人の投手と31人の野手、合わせて62人(22人の招待選手)が参加し、40ある枠のロースターを争う。    2月16日には一足先に投手と捕手の練習が始まり、全体練習が始まるのは21日からだ。MLBのシーズンが2年目となる前田健太投手を始め、クレイトン・カーショウ投手や昨年の新人王のコリー・シーガー内野手など ... 続きを見る