データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



タグ:川越誠司

阪神・糸井、ヤクルト・雄平…プロ入り後に野手転向した現役5選手を紹介【編集部フォーカス】

2019/01/23

 埼玉西武ライオンズは18日、川越誠司投手が2019シーズンより外野手登録に変更となることを発表した。    昨年9月には、阪神タイガースの藤谷洸介投手が外野手登録となるなど、投手から野手への転向がたびたび話題となる。アマチュア時代に投手として活躍しながら、打撃力を生かすために野手として入団する選手は多いが、プロ入り後に転向するのは稀なケースで、並々ならぬ決意と努力、自己分析力が要される。    東京ヤクルトスワローズの打撃コーチである石井琢朗氏と宮出隆自氏、西武で2軍打撃兼守備・走塁コーチを務める嶋重宣氏らも、プロ入り後に野手転向した過去を持つ。人一倍努力し、自らを見つめ ... 続きを見る


西武・髙橋光成、182勝右腕も背負った「13」を継承 川越は「72」に

2018/11/21

 埼玉西武ライオンズは21日、髙橋光成投手と川越誠司投手の背番号を変更すると発表した。髙橋が「17」から「13」に、川越が「26」から「72」となる。    2014年ドラフト1位で西武に入団した髙橋。16年には22試合に登板し、2完投をマークした。だが、今季は右肩の故障もあり、自己最少の3登板にとどまった。西武の「13」は、現役通算182勝を挙げた“レジェンド”西口文也氏(現西武1軍投手コーチ)が21年間背負った番号。これをきっかけに再起を図りたいところだ。    川越は2015年ドラフト2位で西武に入団。ここまで1軍での出場はなく、来季は1軍昇格を目指す。... 続きを見る