データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



川上哲治、水原茂。巨人が超強力打線を構築 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1941-42年編~

2021/02/08

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

1941年の順位表

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点
巨人   86 .738 357 193  164
阪急   85 .631 251 204  47
大洋   87 .560 204 170  34
南海   84 .512 217 214  3
阪神   84 .488 190 199  -9
名古屋  84 .440 197 217  -20
黒鷲   85 .333 188 310  -122
朝日   85 .298 197 294  -97
 

 
 巨人勢がベスト10の1位から5位に並んだほか、7位と10位にもランクインしている。357得点は得点2位となった阪急のなんと1.42倍。各球団85試合前後と現代に比べると試合数が少ないシーズンで、9ゲーム差の優勝を遂げた。この頃はボールの材質もかなり粗悪になってきたようで、リーグ打率.201長打率は.248と、現代では考えられないような成績になっている。ただそんな状況の中でも川上哲治(巨人)の打撃だけは別格だったようでwRAA37.0で1位を獲得。ほかにも、打率、打点、得点、安打、単打、二塁打、三塁打、そして1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)ときわめて多くの項目でリーグ1位となっている。川上はこのシーズンを最後に軍隊に招集された。
 
 2位の水原茂(巨人)は71個と最多四球をマークして自己最高の2位にランクイン。この頃はNPB全体で四球がかなり多くなっている。ベスト10の中で川上と中島を除く8人の出塁率-打率が1割を超えていた。特に8位の中村信一(大洋)は打率.218に対して出塁率が.390でリーグ2位と、四球が多いこの時代らしい活躍を見せている。1950年以降にはほぼ絶滅した規定打席に到達しながら四球数>安打数となった打者が、このシーズンは中村を含め6人を数えた。
 
 この年は、規定投球回に達して防御率0点台と1点台の投手だけで13人。1試合当たりの平均得点は2.65点。かなり試合展開が動きにくいシーズンになっている。こうした投手優位が進んだ結果、リーグ三塁打が108本、本塁打がちょうど100本、長打合計が757本となった。2019年パ・リーグの総本塁打だけで851だったことを考えれば隔世の感がある。
 
 また規定打席に達した57人のうち44人が1ケタ二塁打に留まっている。安打数に占める単打の割合が83.2%と、ヒットを打たれてもほぼ単打の状態である。にもかかわらず打席に占める四球割合は11.8%。ちなみに2020年のセ・リーグは8.6%だった。最も多かった1938年春の12.8%からすると改善はされているものの、当時の打者の長打力が乏しかったことを考えると、あまりにも四球が多すぎる。ストライクを取ることは現代に比べやや困難な時代だったということになる。これに対して打席に占める三振の割合はわずか約8%。現代のそれが約20%であることを考えると、スタッツからも時代を感じられる。
 
 ベスト10圏外の注目選手は31位の服部受弘(名古屋)。8本塁打を放っての本塁打王だが、打率はわずか.194。本塁打王史上最低打率となった。これは捕手として2人目の本塁打王だったが、なんと戦後は投手に転向。コンバートされる場合、投手から捕手へのパターンは多くあったが、服部はその多数派とは逆ルートのコンバートとなった。その後も数多くのポジションを守りつつ二刀流は断続的に続き、1955年まで投手・野手双方の出場がある。二刀流のユーティリティはすごい。
 

1942年の順位表

チーム 試合 勝率 得点 失点 得失点
巨人  105 .730 399 228  171
大洋  105 .606 238 209  29
阪神  105 .520 293 301  -8
阪急  105 .495 264 264  0
朝日  105 .495 246 239  7
南海  105 .467 267 286  -19
名古屋 105 .394 275 324  -49
大和  105 .284 191 322  -131
 

 
 リーグ打率は.197とついに1割台にまで下がった。この年も巨人の攻撃力が圧倒的なシーズンで、特に台湾の嘉義農林学校出身の呉波(のちの昌征)が強力な打撃を披露した。打率.286、出塁率.411でリーグをリードし、トップとなるwRAA41.0を記録している。以前から優秀な選手として知られてはいたが、26歳で一気にリーグの顔となった。
 
 また、この年の呉は盗塁数がリーグ2位の40ながら失敗はわずかに7個。塁上でもかなり厄介な相手であった。呉は「人間機関車」の異名を持つ選手である。現代のイメージだと「機関車」とは見た目や煙を吐いて走る姿から力強さを連想させる。しかし当時は常識が異なり、陸上で最も速い乗り物が機関車であったため、スピードスターの呉にこのあだ名がついたのである。
 
 2位には岩本義行(南海)がランクイン。打席数が少しだけ少なかったためwRAAは呉に譲ったものの、打席当たりの貢献を示すwOBA.361は僅差でリーグ1位。本塁打が7本でリーグ2番手。長打率.397でリーグ1位のうえ、盗塁を37個も記録した。岩本は8年後の1950年にNPB史上初のトリプルスリーをマークすることになるのだが、実はこの1942年の時点で30歳。達成時には38歳であり、第1号にして、2020年終了時点で最高齢のトリプルスリー達成者となっている。
 
 かなり打撃が振るわないシーズンとあって、ベスト10入りメンバーの打撃成績も近年では考えられないほど低いものとなっている。
 
 ベスト10圏外の注目選手では、15位の古川清蔵(名古屋)と11位の山田潔(大和)に注目。古川は8本塁打で初めての本塁打王を獲得。その後も1959年まで打者として活躍したが、通算盗塁も370を記録している。
 
 山田潔は非常に特徴的な選手で、この年は特に異能を発揮した。50安打に対して95四球は特筆もので、出塁率-打率は2割に迫る。結果としてランキング11位とリーグ上位の攻撃力を発揮した。打率が.162と低く、さらに長打力がほぼ期待できない選手だけに相手も四球は避けようとしてくるはずだ。そんな中これだけの四球を奪う能力は魔術のように見える。打者のバラエティは豊富な方が面白いため、現代にもこのような選手はぜひ登場してほしい。ただ近年は投手のレベル向上もあってか四球の割合が大きく低下している。現代野球でこのスタイルの打撃を復活させるのはかなりハードルが高そうである。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集