データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



打撃の神様・川上哲治の時代に セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~1939-40年編~

2021/02/05

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

1939年のNPB

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
巨人     96 .717 493 267  226
大阪     96 .677 438 277  161
阪急     96 .617 367 268  99
セネタース  96 .563 290 287  3
南海     96 .444 336 342  -6
名古屋    96 .418 301 349  -48
金鯱     96 .391 265 398  -133
ライオン   96 .363 314 429  -115
イーグルス  96 .309 247 434  -187
 

 
 前年まで、春・秋の年間2シーズン制を採用していたNPBだが、この1939年から1シーズン制となった。1球団の年間試合数も96試合とかなり現代のリーグ戦に近づいてきている。
 
 リーグトップは2年目でwRAA33.5を記録した新鋭・川上哲治(巨人)となった。当時としては恵まれた体格から強打を披露し、wRAAのほかにも打率.338、長打率.493、75打点、1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)でも.389でリーグをリードした。なお川上はもともと投手。この年も完全に野手にコンバートされていたわけではなく、投手としても102.2イニングを投げていた。
 
 ちなみに川上は三塁打も12本でリーグトップを記録したが、この頃は現代と比べて非常に三塁打の多い時代である。走力に優れた打者が三塁打をよく記録することは現代でもあるが、この頃は走力がなくても長打力のある打者であれば三塁打をよく記録していた。外野を越える打球を放つことは、一部の打者以外かなり難しい時代であったようだ。
 
 現代の野球においては、三塁打/二塁打の割合は10%程度になる。戦前ではこれが右打者で28%、左打者に限ると42%にまで跳ね上がっている。左打者が引っ張って外野を抜いた場合、二塁に止めることはかなり難しい時代背景だった。また、現代の球場は当時に比べかなり広くなっているにもかかわらず、昔の方が圧倒的に多くの三塁打が記録されているのは、当時に比べて現代の外野手の能力が向上していることの状況証拠でもある。
 
 2位には後年監督としても川上とライバル関係になる鶴岡一人(南海)が10本塁打で本塁打王を獲得しランクイン。後年のシュアな打撃を見せたイメージと異なり長打力に優れており、長打率.470も川上に迫る優秀な数字であった。3位にはこちらも巨人の新鋭・千葉茂がランクイン。四球を多く獲得する特性を生かし、早くも出塁率.420で1位となっている。
 
 4位の巨人・白石敏夫(後に勝巳と改名)は一貫して四球の多い打者で、この年は千葉を上回る82四球で最多四球となった。なぜファーストストライクを打たないかと聞かれ「もったいなくて打てない」と答えた逸話もあるが、打者は最低3球までは投げさせる権利を持っていることをこの時点で認識していたのかもしれない。打席での態度という意味では時代の先駆けと言える。
 
 ベスト10圏外の選手では巨人のリベラを取り上げる。NPBでは史上初にして、2020年終了時点で最後のフィリピン国籍選手となっている。マニラ税関勤務から1年間の予定で来日した選手である。粒ぞろいの阪神打線に対抗する手段でもあったようだが、規定到達68人中22位なので期待に応えたと言えるレベルだろう。各国間の野球の力関係も現代とは異なっている事情が垣間見える。リーグ最多の493得点を記録した巨人打線で役割を果たした。ちなみに球団史上初の満塁本塁打を放ったのもこのリベラだった。
 

1940年のNPB

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
巨人   104 .731 439 221  218
阪神   104 .634 400 240  160
阪急   104 .616 317 248  69
翼    105 .589 344 298  46
名古屋  104 .586 334 279  55
黒鷲   104 .460 275 335  -60
金鯱   104 .351 310 425  -115
南海   105 .283 242 424  -182
ライオン 104 .240 225 416  -191
 

 
 1940年、NPBのリーグ戦はついに100試合を超える長丁場となった。このレベルの試合数であれば、スタッツの体感もかなり現代と近いものになってくる。ベスト10ではwRAA42.0を記録した川上が前年に続き1位となった。wRAAのほかにも9本塁打、長打率.485でリーグトップを記録。1939-41年の3年間はまさしく川上の全盛期とみなすことができる。1942-45年の、戦争による4年間のブランクは非常に残念なことである。
 
 ちなみにこのランキングで取り上げているwRAAをオールタイムで通算した場合、川上の値は519.7となる。この値はNPB歴代で9位の値。4年間のブランクがなければ、トップ5にランクインできた可能性があった。
 
 この年の2位は鬼頭数雄(ライオン)。この時代の左の強打者らしく、リーグトップとなる13本の三塁打を放っている。124安打、打率.321で最多安打と首位打者に輝いた。ちなみに統計学の二項分布でこの年の打率.321を測定した場合、この鬼頭の打率.321はほかの打者の打率からの傑出度としては、「歴史上最もあり得ないほど傑出した首位打者」のベスト10に入るほどの数字である。このベスト10に1リーグ時代の選手は彼1人であった。
 
 3位の白石は相変わらず82個と多くの四球を獲得している。ただ白石を上回る83四球で最多をマークしたのが吉原正喜(巨人)。吉原は捕手であったが、捕手での最多四球は野村克也(南海)が1966年にマークするまでこれが唯一の例であった。4位の千葉茂は出塁率.404がリーグ1位。戦後も一貫して巨人の得点源であった。10位の中島治康(巨人)が67打点で打点王を獲得。出塁率は.323と高くないままだが、長打率は.383でリーグ3位をキープして、千葉らの出塁を得点につなげた。
 
 ベスト10圏外の注目選手ではミスター二刀流とも呼ぶべき野口二郎(翼)を取り上げる。規定到達55人中28位とちょうど中位の打撃貢献であったが、この年は投手として規定投球回をクリア。33勝を挙げ防御率はなんと1位だった。翌年も二刀流で防御率1位のうえ、2年後には史上最多の19完封で40勝を記録している。1946年の阪急在籍時には打者として当時のNPB記録となる31試合連続安打をマーク。この記録は1971年に同じ阪急の長池徳二に更新されている。4番投手での先発はもちろん、捕手と遊撃以外の守備位置はすべて守った経験を持ち、投打同時の規定クリアは6シーズンを数えた。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集