データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



中島治康が史上初の三冠王を獲得 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう~1938年編~

2021/02/02

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

1938年春のNPB

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
大阪    35  .829 212 109  103
巨人    35  .686 170 118  52
阪急    35  .618 153 97   56
イーグルス 35  .545 117 109  8
セネタース 35  .382 135 174  -39
金鯱    35  .371 147 200  -53
名古屋   35  .314 122 169  -47
ライオン  35  .257 105 185  -80
 

 
 1938年春は、苅田久徳(セネタース)がwRAA14.4を記録し、ランキング1位の座についた。苅田は強打タイプの選手としては認識されておらず、「名人」の呼び名の通り技術的な側面や守備力について語られてきた。しかし、このシーズンはなぜか長打の割合が高く、リーグトップの11二塁打などが寄与して1位となっている。
 
 2位・3位・5位にはそれぞれ出塁に強みを持つ桝嘉一(名古屋)・西村正夫(阪急)・山口政信(大阪)がランクイン。桝は出塁率.493で最高出塁率となるなど3人そろって持ち味を発揮した。またランキング選手の出塁率が近年に比べて全般的に高くなっているのにお気づきだろうか。これはこの時代、かなり多くの四球が発生したことが原因である。
 
 規定投球回に達して被安打と与四球がほぼ同数の投手や、甚だしきは与四球の方が多い投手まで存在した。確かに打者を警戒した結果の与四球は時代を問わずあるが、これだけ長打の少ない時代にこの数は異常である。野球において与四球の乱発は自らの首を絞める行為なわけだが、当時の投手にとってはストライクを取ることが技術的に少々難しかったのかもしれない。打ってもほぼ単打の打者は多く存在し、さらにこれほど四球が多かったとなると現代とはかなり異なる攻防であったことは想像に難くない。このような時代背景だったからこそ、後に述べる山田潔(イーグルス)のような攻撃スタイルが生きてくる余地もあった。
 
 景浦將(大阪)は5本塁打と変わらぬ長打力で、8位にランクイン。31打点で打点王を獲得している。また中島治康(巨人)が打率.345で初の首位打者を獲得。6本塁打で本塁打王を獲得したハリス(イーグルス)は、長打率.504で最高長打率も記録した。ただし、ハリスと中島はボールを選ぶことをあまり得意としなかったようで、特にこのシーズンは最多四球を記録した西村が39四球だったのに対して、それぞれ10四球、11四球の獲得に留まっている。
 
 ベスト10圏外の注目選手ではイーグルスの中河美芳。一塁守備の名手としてオールドファンには長く語られた名前である。投手としても活躍し、前シーズンにあたる1937年秋は規定(当時は投球回でなく試合数)に達して13勝5敗。防御率2.05は3位とエース級の活躍であった。このシーズンはまずまずの打率・出塁率を記録したが、打率.270、長打率.270と数字が等しくなっている。一塁手としては珍しい長打0を記録した。
 

1938年秋のNPB

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
巨人    40  .769 211 110  101
大阪    40  .675 222 131  91
阪急    40  .553 178 157  21
名古屋   40  .514 145 183  -38
セネタース 40  .487 166 199  -33
ライオン  40  .487 164 146  18
イーグルス 40  .429 117 142  -25
南海    40  .297 110 164  -54
金鯱    40  .275 119 200  -81
 

 
 中島が史上初の三冠王となったシーズンである。当時としては考えられない38試合で10本塁打を記録。特に長打率.626は2番手を1割3分以上も引き離してのトップであった。これにより四球獲得が苦手というハンデを跳ね返してwRAA、1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)でトップとなっている。四球獲得は苦手であったが、打率の高さから出塁率.428で最高出塁率にもなっている。40試合程度のシーズンだったが、2位のハリスよりも10得点相当も多く生産したと評価することができる。
 
 ハリスは春シーズンに引き続き長打力を発揮。中島同様にボールを選ばないタイプだが5本塁打で長打率は.490を記録し、2位となっている。春と秋の2シーズンをあわせて75試合で11本塁打は、中島と並ぶ戦前における年間最多本塁打記録である。戦後、長打を重視する革命的な打撃で本塁打数を一気に増やしたのが大下弘だった。だが中島とハリスは共に、1946年、1947年の大下の本塁打のペース(試合あたりの本塁打)を上回っている。
 
 3位伊藤健太郎(巨人)から8位鬼頭数雄(ライオン)までは全員が出塁率4割超えを記録。全体的に出塁率が高い要因は前シーズンと変わらず、異常な四球の多さによるものだ。
 
 本企画の趣旨とはずれるが変わったスタッツを残した例として、ハワイ出身の日系投手・亀田忠(イーグルス)を取り上げたい。この年は春秋合計で270という日本記録となる四球を与えた。被安打は214なので与四球の方が56も多い。記録された投手成績が、与四球>奪三振>被安打という関係になっているが、これは現代ではまったく考えられない事態である。亀田はこの翌年、おそらく今後も更新不可能と思われる280与四球を記録。1940年には戦後まで残るシーズン297奪三振のNPB記録とともに、再び与四球>被安打も記録した。亀田が投げるときは与四球が多すぎて試合の趨勢に大きな影響を及ぼしていた。亀田ほどではないにしても、当時は現代に比べれば安打・長打がとても少ない上に四球が多い。安打よりも四球で動く試合が多く、現代の常識とはかなり異なる試合展開だったようだ。
 
 ベスト10圏外の注目選手では山田潔(イーグルス)に注目する。20世紀の時点から記録オタクの間では絶大な人気を誇っていた選手だ。この年は春に中河が規定打席に達しての長打0を記録したが、山田はそれを上回る春秋ともに規定打席に達しての年間長打0を記録。ただ四球生産のペースは上がりはじめており、打率.146ながら.302と中位レベルの出塁率をマークしている。1942年には50安打95四球を記録するなど、振らないことを極限まで徹底したような打者であった。遊撃を守る選手で、Relative Range Factor(※5)という守備指標で見た場合、戦争前後の時代では伝説の名手・木塚忠助(南海)に次ぐ守備力を発揮していたようだ。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
(※5)Relative Range Factor:9イニングあたりの刺殺・補殺の数によって野手の守備力を評価するRange Factorを発展させた指標。一般的な野球の記録から算出することができるため、過去の野手の守備を評価する際に用いられることが多い。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集