データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



中村剛也の48発はバレンティンの60発以上の価値? セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2011年編~

2020/12/13

text By

photo

DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 
 NPBの運営はリーグ開設当初から、打者か投手どちらかが優位すぎる状態が続いた場合、中立の方向へとプレーを誘導するような働きかけを行ってきた。具体的には使用球やストライクゾーンの変更である。この2011年は極端な低反発球が採用された年である。だがこの前年にあたる2010年は実はそれほど極端な打高環境というわけでもなかった。運営が初めて、投打中立からより離れる働きかけを行ったのだ。ここから2年間、NPBでは得点が極めて少ないかなり変則的な野球が展開された。
 

2011年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
ソフトバンク 144 .657 550 351  199
日本ハム   144 .526 482 418  64
西武     144 .504 571 522  49
オリックス  144 .504 478 518  -40
楽天     144 .482 432 464  -32
ロッテ    144 .406 432 533  -101
 

 
 中村剛也(西武)が記録的な豪打でリーグ最強打者となった。出塁率は.373と際立った数字ではなかったものの、長打率.600と1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3).412がトップ。本塁打・打点王を獲得した。低反発球採用により例年好成績を残す選手もまったく振るわず、パ・リーグで中村以外に20本塁打を超えた選手は1人だけ。この状況で中村は48本塁打を放った。ロッテの総数よりも本塁打が多いなど、歴史的な長打生産能力を見せた。この年の中村は現役生活中でも最高の調子であった可能性がある。
 
 2008年2009年編では、単打よりも長打のほうが多い中村の特殊なスタッツについて紹介を行った。歴史的に見ても、長打が単打を上回る成績を残す打者はほとんどいない。この低反発球環境下では例年に比べて長打が出にくいはずだが、この年ですら中村の長打は単打より15本も多い。
 
 またこの低反発球の時代に48本塁打という記録は統計学的に見ても、とてつもない記録である。その年の本塁打発生頻度をもとに、統計学の二項分布という手法で解析を行った時、2011年中村の48本塁打は2013年ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の60本塁打よりも難易度としては高いようだ。それぞれの年の環境でその記録が発生する「ありえなさ」の度合いでは中村の記録が上回っており、統計学的な出現の難しさという点において、史上最高の本塁打王である。
 
 2位にはここ数年優秀な指標を示し続けている糸井嘉男(日本ハム)がランクイン。出塁率.411で最高出塁率を獲得している。3位の松田宣浩(ソフトバンク)は中村以外で唯一の20本塁打達成者。松田はこの年より多くの本塁打を放ったこともあったが、それと比較してもおそらく絶好調に分類されるべきシーズンだろう。5位の内川聖一(ソフトバンク)はこの年からソフトバンクに移籍。打率.338で1971年の江藤慎一(中日・ロッテ)以来史上2人目のセ、パ両リーグでの首位打者となった。
 
 7-9位にはアーロム・バルディリス(オリックス)、長谷川勇也(ソフトバンク)、本多雄一(ソフトバンク)と新しい名前が並んでいる。中でも本多は0本塁打でのランクインとなった。長打が出にくい方向への環境変化により、こうした出塁能力に長けた打者が相対的に有利になったのは間違いない。ただ実はこの傾向は前年から変わっていない。10本塁打未満でのベスト10入りは、前年は3人、この年は4人であった。ちなみに0本塁打でのベスト10入りは1947年の塚本博睦(大阪)以来64年ぶりのこととなる。
 
 ベスト10圏外での注目選手は松中信彦(ソフトバンク)を挙げる。松中は2000年代後半に入り、衰えからか成績を落とすシーズンが続いていた。ただこの年は規定打席に届かない304打席ではあったが、wOBAはランキング2位の糸井よりも高い.383。キャリア終盤に訪れた一時的な復調のシーズンである。
 
 チームに視点を向けると、失点阻止能力を最大の武器としたソフトバンクが優勝。驚愕のシーズン351失点を記録した。これは極めて飛ばないボールが使われていたらしい1970年セ・リーグの阪神(335)以来の数字である。全チームの1試合当たり失点の平均は2011年パと1970年セで奇しくも同じ3.25であった。
 

2011年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
中日   144 .560 419 410  9
ヤクルト 144 .543 484 504  -20
読売   144 .534 471 417  54
阪神   144 .493 482 443  39
広島   144 .441 439 496  -57
横浜   144 .353 423 587  -164
 

 
 この年1位となったのは長野久義(読売)である。前年に新人王を獲得して実力の片りんを見せた長野だったが、この年は打率.316で首位打者を獲得。リーグ全体の本塁打が伸びない中で17本塁打を記録するなど長打力も見せ、総合評価wOBA.367も首位であった。
 
 2位の畠山和洋(ヤクルト)は出塁率で3位、長打率で4位の好成績。打率.269、23本塁打、85打点という打撃3部門の数字からは想像できない好順位をマークしている。2008年以来2度目の規定打席到達で初のベスト10入りとなった。3位は鳥谷敬(阪神)。初のトップ3入りである。この年は5本塁打ながら、出塁率.395で最高出塁率をマーク。鳥谷はもともと長打が多くなく出塁に強みをもつ打者だったため、低反発球の導入により成績がさほど落ちず、相対的なランクを上げた。ボール変更は鳥谷にとっては好都合だった可能性もある。
 
 5位マット・マートン(阪神)は180本で最多安打を獲得。6位バレンティンは31本で本塁打王、10位新井貴浩(阪神)は93打点で打点王を獲得している。バレンティンの打率は.228。規定打席到達者中、最低打率での本塁打王で、これは1974年のクラレンス・ジョーンズ(近鉄)、1987年ランス(広島)以来3人目の記録であった。
 
 ベスト10圏外の注目打者では規定打席に9だけ不足した阿部慎之助(読売)である。打撃好調であった阿部はランキング首位の長野を上回るwOBA.374を記録。さらに阿部は長打率も.500の好値をマーク。「規定打席への不足分を打数として加算してなお最高の長打率となった場合は最高長打率打者とする」特例に該当し、最高長打率となっている。これは2003年のロベルト・ペタジーニ(読売)に続く史上2人目のことである。
 
 ボールが変わったこともあり、ベスト10全体の印象も前年までとはガラリと変わったように見える。1位から3位のwOBAがいずれも.360台というのは2リーグ制以後のセ・リーグ61年間で最も低い記録であった。シーズン前に予想していたらこの1~3位のメンバーは間違いなく当てられないだろう。
 
 チームに目を向けると、中日が得点・失点ともにリーグ最少という珍しいかたちで優勝。得失点差はわずか9だった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集