データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マット・マートン、西岡剛が200本安打を達成 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2010年編~

2020/12/10

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

2010年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
ソフトバンク 144 .547 638 615  23
西武     144 .545 680 642  38
ロッテ    144 .528 708 635  73
日本ハム   144 .525 612 548  64
オリックス  144 .493 644 628  16
楽天     144 .440 576 635  -59
 

 
 この年は前年故障に苦しんだアレックス・カブレラ(オリックス)がリーグ首位となった。打撃3部門でのタイトル獲得こそなかったものの、各指標で欠点のない活躍を見せた。長打率ではなく出塁率.428でリーグトップとなっている。あの腕っぷしで出塁の順位のほうが高いというのも面白い。来日当初から比べると、より出塁に重きを置いたスタイルになっているようだ。そのほか1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)でも1位をマークしている。来日してすぐ豪打を披露した上、10年近く経って最強打者という例は20世紀にはなかった。こういったレアケースに該当するタフィー・ローズ、カブレラの2人が同じ時期に出現し、一時は同じチームにいたのはなかなかの偶然である。
 
 2位は出塁タイプの打者の典型である西岡剛(ロッテ)。この年は打率.346で首位打者を獲得したものの、出塁率ではトップのカブレラにわずかに届かなかった。3位にはMLBでの4年間のプレー後、前年からNPBに復帰していた井口資仁(ロッテ)。井口も最多四球98を記録するなど、出塁力を主武器としてのランクインであった。翌年から渡米する西岡、帰国してロッテ入りした井口が同一チームで2・3位に並ぶこととなった。
 
 4位には27本塁打を放った多村仁志(ソフトバンク)、5位には本塁打王と最高長打率.575を記録したT-岡田(オリックス)が入った。ただこの年は長打よりも出塁能力に優れた選手のランクインが目立っている。
 
 またこの頃には、リーグ内における打者の新旧交代を予感させる出来事が多く起こっている。前年のオフにはローズがオリックスを退団、カブレラはこの年が最後の規定打席到達、この翌年には中村紀洋のセ・リーグ(横浜)移籍が発生している。G.G.佐藤(西武)もこの翌年に出場機会を失い、退団することになる。
 
 ベスト10圏外の注目選手は日本ハムの小谷野栄一。若手時代は多くのポジションを経験したが、前年から三塁に定着。この年は全試合に出場し、2度目の規定打席到達となった。wRAAでは12.1で14位に留まっているが、109打点でタイトルも獲得した。パ・リーグにおける16本塁打での打点王は、1951年飯田徳治(南海)の15本以来の少ない本塁打でのものであった。この時代の日本ハムは、糸井嘉男、田中賢介など出塁能力に優れた選手を多く上位打線に組み込んでいた。これにより、後続の打者が一般的な打撃成績から想像するよりも多くの打点を記録するケースが続出している。
 

2010年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
中日   144 .560 539 521  18
阪神   144 .553 740 640  100
読売   144 .552 711 617  94
ヤクルト 144 .514 617 621  -4
広島   144 .408 596 737  -141
横浜   144 .336 521 743  -222
 

 
 阪神、読売との激しい優勝争いを、最少失点の中日が制した。1位から3位まではわずか1ゲーム差という大混戦であった。中日は失点阻止能力では圧倒的だったが、得点は最多の阪神より200点以上も少ない。能力の偏ったチームだったが、得点の入りにくい球場をうまく活かすことができたようだ。
 
 この年は和田一浩(中日)が自己最高のwRAA 55.0をマークし、自身初のリーグトップとなった。打撃3部門でトップとなった項目はなかったが、ほとんどの項目で優秀なスタッツを記録している。出塁率.437、長打率.624、wOBAも.448で1位となるなど、総合的な打撃指標では圧倒的で、2位に大差をつけての1位となった。
 
 2位は青木宣親(ヤクルト)。青木はこの頃上位の常連となっていたが、この年は打率.358で首位打者を獲得するなど特に好調で、wRAAにおいて自身初めて40点のラインをクリアした。
 
 読売からは、3位阿部慎之助、4位小笠原道大、6位アレックス・ラミレスと3人がランクイン。このうちラミレスは打率.304、49本塁打、129打点で本塁打・打点の二冠王に輝いているが、wRAAではそれほど数字を伸ばすことができていない。四球獲得の面で弱点があったためだ。ラミレスはキャリアを通して、旧来型の指標から想像されるほどwRAAが伸びないシーズンが多く、引退までリーグ1位を獲得することはなかった。
 
 そしてこの年、読売以上となる740得点を記録したのが阪神である。マット・マートンはイチローの記録を破り当時のNPB記録となるシーズン214安打を記録。マートンを筆頭に、4選手が7-10位を占拠している。また遊撃の鳥谷敬は10位、捕手の城島健司は11位、二塁の平野恵一は15位となっている。一般的にセンターラインは守備力の高い選手が守るポジションである。こういった選手がこのランキングに食い込むことは稀だが、阪神は15位以内にセンターラインの選手を多く送り込んだ。守備的ポジションに強力な打者が配備できた場合、強力打線は形成されやすくなる。そういう意味でベスト10圏外選手としてこれら選手を取り上げた。城島、平野はそれほど四球をとれるタイプの選手ではないが、wRAAは十分に大きな数値を示している。
 
 このシーズンはセ・リーグの総本塁打が863本、1試合平均得点が4.31点であった。比較的得点が入りやすいシーズンではあったが、1970-80年代における代表的な打者優位シーズンから比べると本塁打は200本ほど少ない。1985年のパと比べて得点は20%、1977年のセと比べても8%少ない。投打のバランスが崩れるほど打撃優位になったとまでは言えない状態であった。しかし、NPBは翌年から歴史的に見ても例を見ない低反発球へのシフトを選択する。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集