データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



稀代の長距離砲・中村剛也がある記録で歴代1位に セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2009年編~

2020/12/02

text By

photo

DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

 

2009年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
日本ハム   144 .577 689 550  139
楽天     144 .538 598 609  -11
ソフトバンク 144 .532 600 591  9
埼玉西武   144 .500 664 627  37
ロッテ    144 .446 620 639  -19
オリックス  144 .394 585 715  -130
 

 
 この年は圧巻の長打力を武器に、中村剛也(西武)が初のランキング1位となった。1打席あたりの得点貢献を表すwOBA(※3)でも1位となったほか、本塁打、打点、長打率でトップの数字を記録している。この年の中村の出塁率は.359。2リーグ制以降のパ・リーグでは最も低い出塁率でのwRAA1位となっている。長打率2位のサブロー(ロッテ)を1割2分近く千切る異様な長打力の傑出がものを言った。この年の中村は長打が単打より29本も多いという異次元のスタッツをマーク(現在もNPB記録)。たとえ本塁打王経験のある長距離打者であっても、長打が単打を上回るシーズンを1度も経験しない選手は多い。にもかかわらず、中村はデビュー16年目の2018年シーズンが終わった時点でも、なんと通算長打が通算単打を上回っていた。まさに異能のロングヒッターというべき打者である。
 
 2位には最高出塁率を獲得した中島裕之(西武)。各項目に満遍なく良好な数字を並べてのランクインとなった。3位は初の首位打者を獲得した鉄平(楽天)が入り、1位~3位の打者はそれぞれ自己最高の順位となった。ベスト10のメンバーを見れば、5位に高い身体能力の糸井嘉男(日本ハム)が入ったほか、6位に15年目で初のランクインのサブロー。9位に2年目のターメル・スレッジ(日本ハム)と、目新しい顔ぶれのランキング構成になっている。
 
 日本ハムはベスト10に前述した糸井、スレッジに加え、稲葉篤紀もベスト10入り。ほかにも金子誠、高橋信二が3割をマークするなど打撃好調の選手が多く、チーム得点689はリーグ最多となった。ダルビッシュ有を中心としたディフェンス陣も優秀で失点をリーグ最少に抑え、高いチーム力での優勝となった。
 
 ベスト10圏外での注目選手は山崎武司(楽天)。この年は、不惑の本塁打王と呼ばれた門田博光よりも1歳上の41歳で39本塁打を記録。48本塁打の中村がいたためタイトルには届かなかったが、長打面で印象に残る活躍であった。
 

2009年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
読売   144 .659 650 493  157
中日   144 .566 605 508  97
ヤクルト 144 .497 548 606  -58
阪神   144 .479 548 534  14
広島   144 .464 528 575  -47
横浜   144 .354 497 685  -188
 

 
 打撃三冠や長打率などの数字に1位はなかったが、各指標が優秀であった小笠原道大(読売)が1位となった。小笠原は2003年にもパ・リーグで1位となっており、両リーグにまたがってのランキングトップとなった。これは落合博満(ロッテ→中日)以来2人目となる。
 
 2位の和田一浩(中日)は打席数や長打数、四死球などが小笠原とかなり似通った結果を残しており、その結果wRAAなどの数値もほぼ同じような結果となっている。この時期は数年前の行き過ぎた打撃優位が十分に是正された時期だった。それもあってパ・リーグの本塁打が765本、セ・リーグが769本と、リーグ1000本塁打以上が記録されていた数年前から比べると減少している。こうした環境に加え、主要選手の世代交代の時期が迫っていたことなどから、トップ選手の傑出という面でもやや控えめのシーズンであった。
 
 自己最高位の3位となった森野将彦(中日)を挟んで、4位には阿部慎之助(読売)が最高長打率.587をマークしてランクイン。欠場が多かったためにwRAAは4位となっているが、wOBAはリーグ1位となっている。捕手としての最高長打率は戦前のハリス(イーグルス)、野村克也(南海)、田淵幸一(阪神)に続く4人目、wOBAの1位に至っては1963年野村、1975年の田淵に続いてわずか3例目のこととなる。
 
 5位には打率.322、186安打で首位打者、最多安打を獲得したアレックス・ラミレス(読売)が、6位には39本塁打110打点で二冠となったトニー・ブランコ(中日)がランクインした。7位には.400で最高出塁率を獲得した青木宣親が入っており、各項目のリーグトップが分散するシーズンとなっている。なお、この年の出塁率2位は.388を記録した井端弘和(中日)。チャンスメーカータイプの2人が出塁率ランキングのトップに並んだことは、スラッガータイプの打者が勝負を避けられなかった傾向の表れと考える。
 
 ベスト10圏外での注目選手は谷佳知(読売)。規定打席には不足ながらwOBAはランキングトップの小笠原とほぼ同等の.397を記録した。リーグ平均からどれだけwOBAが傑出したかを表す平均比(※4)は1.25を記録。ここまで自身最高の年であった2003年の1.18をも上回る数字となった。
 
 このシーズンは読売がパ・リーグの日本ハム同様、リーグ最多得点と最多失点をマーク。89勝46敗9分を記録し、2位に12ゲームの大差をつける強力なチーム力を見せた。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る






  • 記者募集