データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



金本知憲がキャリアハイ。今岡誠が147打点を記録 セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2005年編~

2020/11/20

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

2005年のパ・リーグ

チーム    試合 勝率 得点 失点 得失点
ロッテ    136 .632 740 479  261
ソフトバンク 136 .664 658 504  154
西武     136 .493 604 636  -32
オリックス  136 .470 527 587  -60
日本ハム   136 .466 605 606  -1
楽天     136 .281 504 812  -308
 

 
 前年に起こった球界再編の結果、東北楽天ゴールデンイーグルスが誕生した。ほかにもオリックスはバファローズとなり、ダイエーはソフトバンクに興行権譲渡。パ・リーグは新たな枠組みでのスタートしている。
 
 この年は前年同様に松中信彦(ソフトバンク)がセイバー系指標、出塁率、長打率、本塁打、打点のすべてでリーグをリードした。しかし打率だけは首位に7厘ほど届かず、2年連続三冠王とはならなかった。wRAAも57.6と例年の1位選手に比べても高いレベルの値となっている。
 
 打率に注目すると、首位打者常連の小笠原道大(日本ハム)が打率.282に終わっている。そのかわりに強振タイプのフリオ・ズレータ(ソフトバンク)が打率.319を記録。首位打者になりかけるなど波乱の展開となった。打率は1-9位までが3分ほどの狭い範囲に集中し、上位にも下位にも飛び抜けた値がなかった。こうした事情もあってかベスト10のランキングは一芸型の選手も少ない、似た成績の選手が多いシーズンとなっている。ランキング4位の和田一浩(西武)が.322で初の首位打者を獲得している。常連メンバーが多く顔を出す中、山崎武司の復活があったことは新生楽天にとって数少ない明るいニュースであった。
 
 この年は前年の打高環境を受け、本拠地でのボールが飛びすぎたと考えた球団がボールを変更したようで、本塁打数は前年から約10%減少。平年の打撃状況に近付いている。
 
 ベスト10圏外の注目選手は規定打席に達しなかった2人、中村剛也(西武)とサブロー(ロッテ)である。中村は本塁打王の松中と同等のペースで本塁打を量産しており、いよいよ後年の活躍が視野に入ってきた時期にあたる。サブローは優勝したロッテで「つなぎの4番」として活躍した。この言葉の印象から、サブローはチームの最強打者ではなかったようにも聞こえるが、1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)はほかのロッテメンバーの中で最高の数値となっている。セイバーメトリクスの視点でのロッテ最強打者は普通にサブローであったことになる。
 
 この年のロッテはメンバー全員が水準以上の打力を示しリーグ最多の740得点を記録した。こうした攻撃力の高いチームは、一部の圧倒的な強打者によって得点を稼ぐことが多いが、ロッテは全体的に攻撃力が高いという点で珍しいケースであった。高い攻撃力もあり、得失点差はパ・リーグ史上最大の261を数えている。楽天相手の26対0のような大差ゲームの頻発も要因のひとつになった。ただロッテはレギュラーシーズンの勝率は2位。この頃はプレーオフの勝者がリーグ優勝となっていた。レギュラーシーズンではソフトバンクが89勝45敗で勝率.664でトップで、これは1983年西武以来の優秀な値となっている。

2005年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
阪神   146 .617 731 533  198
中日   146 .545 680 628  52
横浜   146 .496 621 596  25
ヤクルト 146 .493 591 596  -5
読売   146 .437 617 737  -120
広島   146 .408 615 779  -164
 

 
 セ・リーグも極端な打高環境の是正があったようで、前年に比べ本塁打は14%以上の減少となった。この年は阪神がリーグ最多731得点、最少の533失点で投打ともにリーグを席巻。198点の得失点差はリーグ6球団制になった1953年以降の球団記録という、優勝の中でも強い勝ち方であった。
 
 1位となったのは、阪神のリーグ最多得点の原動力となった金本知憲である。リーグ最多の98四球を獲得するなど満遍なく良好なスタッツで、wOBAとwRAA、長打率でもリーグ1位となっている。パ・リーグの松中同様、wRAA58.5での1位は例年の1位と比べてもかなり高いレベルである。
 
 50点以上のwRAAを記録しながら2位に終わったのが福留孝介(中日)。前回リーグ1位となった2003年よりも高い数値を記録しており、リーグを代表する強打者として定着してきた。二塁打39本はリーグトップ。93四球は金本に5個差の2位など、打撃三冠の数字以外が特に優秀である。
 
 3位のタイロン・ウッズ(中日)は来日3年目で初めて本塁打王を獲得できなかった。しかし35.5のwRAAは自己最高の数字である。ベストテン4位までに打撃三冠獲得者はなく、5位の新井貴浩(広島)でようやく打撃3部門のタイトル獲得選手(本塁打王)が登場する。首位打者と打点王がともにベスト10圏外と、やや変わった傾向のシーズンであった。
 
 圏外で注目の打者はその打点と打率の打撃タイトルを獲得した、12位の今岡誠(阪神)と14位の青木宣親(ヤクルト)である。筆者は以前、打撃成績から一般的に期待できる打点に比べその選手がどれほど余剰に打点を稼いでいるか、という分析を行ったことがある。その中でこの年の今岡の147打点は60.7打点ほど多い打点を稼いでいることがわかった。これは史上最高の数字である。
 
 青木は前年のデビュー年は16打席の出場に留まったが、この年はシーズンを通して出場。新人王と首位打者の同時獲得はセ・リーグでは2000年の金城龍彦(横浜)以来2人目であった。
 
 この年は広島が他球団との戦力差を補うためハイスコアゲームの発生を促す環境を整備したようだ。これにより広島の本拠地は他球場に比べ本塁打が2倍以上発生しやすい環境になっていた。しかし結果として、非自責点が93点という見慣れない数字にまで膨れ上がるなど、得点増よりも失点増をより顕著にしてしまい、環境の整備は失敗に終わっている。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集