データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



松中信彦が平成唯一の三冠王に セイバーメトリクスの視点で過去の打撃ベスト10を振り返ろう ~2004年編~

2020/11/17

text By

photo

Getty Images, DELTA・道作

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 本企画はNPB過去年度の打撃ベスト10を眺め、往事の野球を今の視点から振り返り楽しんでもらおうというものだ。ただベスト10は従来の打率ではなく、セイバーメトリクスにおける総合打撃指標wRAA(※1)を採用する。これはリーグ平均レベルの打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標だ。この視点で振り返ることで、実は過小評価されていた打者がわかるということもあるかもしれない。
 

2004年のパ・リーグ

チーム   試合 勝率 得点 失点 得失点
西武    133 .561 718 656  62
ダイエー  133 .597 739 651  88
日本ハム  133 .504 731 697  34
ロッテ   133 .500 649 642  7
大阪近鉄  133 .466 630 636  -6
オリックス 133 .374 622 807  -185
 

 
 前年に引き続き、リーグ全体で打撃優位の状況が続いている。この頃、コミッショナー事務局ではこうした環境を調整するための指針としてボールの反発力に注目していた。ただこの数年後、ボールの飛距離には反発力よりも空力が大きく関係するという論文が公開されることになる。この時点ではこうした実験が行われておらず、事務局はこうした打撃優位の環境を早急に解決する手を持ち合わせていなかった。
 
 この年は松中信彦(ダイエー)が初のランキング1位となった。wRAAだけでなく、1打席あたりの得点貢献を示すwOBA(※3)など得点生産に関する指標から、打撃三冠まですべての指標でリーグ首位。wRAAは69.0と出色の数値が出ている。特に本拠地の福岡ドームは本塁打が最も出にくいピッチャズパークであっただけに、余計に価値のある活躍であった。
 
 2位城島健司(ダイエー)はリーグ首位の項目こそないものの、いずれの項目でも優秀なスタッツを揃えた。特に長打率の.655は1975年田淵幸一の.657に迫る捕手として歴代2位の数字。捕手としてwRAAリーグ2位も1991-92年の古田敦也(ヤクルト)以来12年ぶりであった。3位はフェルナンド・セギノール(日本ハム)。前回の来日時は不振に陥ったが、このときは別人のような強打を発揮。44本塁打で本塁打王を松中と分け合っている。
 
 打撃優位のリーグ戦で、3チームが700得点を超える打棒を発揮した。松中、城島、井口資仁、フリオ・ズレータとタレントを揃えたダイエー。小笠原道大、セギノールを中心とした日本ハム。和田一浩、ホセ・フェルナンデスのほか、負傷からシーズン途中で復帰したアレックス・カブレラを擁する西武の3チームである。優勝はこの年から導入されたプレーオフで2位から下克上を決めた西武となった。ベスト10圏外の注目選手としても、追い上げに貢献したカブレラを挙げた。故障の影響か、前2年に比べるとwOBA.423と低いが、長打率.644を記録するなど長打力は健在だった。
 
 この年は近鉄とオリックスの合併に端を発するプロ野球再編問題が起こったシーズンである。史上唯一のストライキや新球団参入騒動、優勝を期したアテネ五輪で豪州に2敗を喫して敗退など、さまざまな意味で記憶に残る激動のシーズンであった。しかしそれからすでに16年が経過していることには時の流れの早さを感じさせる。

2004年のセ・リーグ

チーム  試合 勝率 得点 失点 得失点
中日   138 .585 623 558  65
ヤクルト 138 .529 618 691  -73
読売   138 .526 738 677  61
阪神   138 .485 637 610  27
広島   138 .438 662 716  -54
横浜   138 .437 640 666  -26
 

 
 グレッグ・ラロッカ(広島)が、長打の飛び交うリーグ戦で最高のwRAA48.8を記録した。ラロッカは広島が低年俸で獲得し、シーズン前はノーマークに近かった選手である。打撃3部門では無冠ながら、得点生産系の指標と出塁率、長打率がすべてリーグトップ。旧来の打撃成績では互角レベルの選手が多く、歴代の強打者に比べ目立たないが、セイバー系の指標では2位を離した首位となった。ラロッカはこの年23死球を記録したが、パ・リーグの城島も22死球。この時点での歴代2位と3位を占めているのは面白い。ちなみにこの時点での最多は1952年岩本義行(大洋)の24死球である。
 
 金本知憲(阪神)は113打点で打点王を獲得したほか、自身4度目の最多四球(79)をマークするなど、各スタッツで穴のない数字を並べ自己最高の2位となった。3位にはタイロン・ウッズ(横浜)がランクイン。8位のタフィー・ローズ(読売)と並ぶ45本塁打を記録し、本塁打王に輝いた。6位の阿部慎之助(読売)は4月の月間本塁打が16本と、ここまでの歴代最多タイ記録。開幕後33試合で20本塁打という恐るべきスタッツをマークした。打率.337で首位打者を獲得した嶋重宣(広島)は、同時に本塁打32本を記録しながら、wRAAランキングでは7位に留まっている。
 
 この年のランキングには4位以下にも強打者の表現として使われる「3割30本」をクリアした打者が連なっている。結果、ベスト10の打者はすべて30本塁打以上をマークするという打撃優位を象徴するようなスタッツが残された。このような環境でのプレーにより、読売は259本塁打の歴代最多記録を打ち立て、得点も738点でトップ。しかし投手陣が打ち込まれ得失点差61は優勝した中日の65を下回った。
 
 ベスト10圏外の選手では、規定打席に不足した福留孝介(中日)に注目したい。負傷の影響で欠場がかさみ打撃成績はいまひとつであったが、打撃三冠以外の数字は優秀でwOBAも.402と4割をキープした。優勝に貢献するとともに翌年以後の好成績を予見させるものがあった。
 
(※1)wRAA:リーグ平均レベル(0)の打者が同じ打席をこなした場合に比べ、その打者がどれだけチームの得点を増やしたかを推定する指標。優れた成績で多くの打席をこなすことで値は大きくなる。
(※2)勝利換算:得点の単位で表されているwRAAをセイバーメトリクスの手法で勝利の単位に換算したもの。1勝に必要な得点数は、10×√(両チームのイニングあたりの得点)で求められる。
(※3)wOBA(weighted On-Base Average):1打席あたりの打撃貢献を総合的に評価する指標。
(※4)平均比:リーグ平均に比べwOBAがどれだけ優れているか、比で表したもの。
 
DELTA・道作
 
DELTA@Deltagraphshttp://deltagraphs.co.jp/
 2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1~3』(水曜社刊)、電子書籍『セイバーメトリクス・マガジン1・2』(DELTA刊)、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』(https://1point02.jp/)も運営する。
 
年度別一覧に戻る



  • 記者募集